CSR情報

ホーム>CSR情報>コンプライアンス>人権尊重のために

人権の尊重

人権尊重に関する基本的な考え方

人権尊重は、企業活動における根幹的な社会的責任と認識し、行動規準「オリコード」に人権の尊重と差別やハラスメントの排除を定め、会社と社員の取組姿勢について周知徹底を図っています。

人権啓発活動の推進

社内表彰作品(優秀賞)
社員の部 家族の部
2016年度 ほんとうの つよさはやさしさ おもいやり 笑顔の種 蒔いてみようよ 自分から
2015年度 優しい気遣い あなたの笑顔 みんなで‘かなえる’明るい職場 ありがとう 思うだけより 伝えよう
2014年度 小さな勇気 一つになれば 大きな力 大切に ひとりひとりを 人として
2013年度 ひとりずつ 違う個性を活かしあい、さらに磨こう みんなの職場 みな「人間」 何が違うの ぼくわたし
2012年度 みんなが持っている「あたりまえ」 一緒じゃないからおもしろい 一緒じゃないから考えよう
(東京人権啓発企業連絡会 職場の部佳作)
ごめんね、ありがとう、なかよしになる まほうのことば
2011年度 感じますか?心の痛み 聞こえますか?心の叫び おはようの その一言で 今日は晴れ
見ない振り 知らない振りでは 自分も一緒
声掛け合って 変えてく勇気
(東京人権啓発企業連絡会 職場の部佳作)
2010年度 ありがとう あったか言葉で ハートにサプリ いじめはね 自分のこころも 傷つける
2009年度 考えよう! 無意識に する事、した事、された事 手を伸ばそう 少しの勇気と 広がる笑顔
2008年度 変わろうよ 人に言うより 自分から なくそうよ!差別やいじめ 知らんぷり
2007年度 人権は知識と意識で皆で擁護 つないだ手 みんな仲良し あたたかい
2006年度 人と人 つなぐ絆は思いやり 教えよう 人の痛みのわかる子に まずは初めに 家庭から
2005年度 違いがあるから個性が光る まずはなくそう偏見を
(東京人権啓発企業連絡会 職場の部優秀賞)
同じだよ、自分の家族を守ること 世界のみんなを守ること
(東京人権啓発企業連絡会 家族の部優秀賞)
2004年度 感じます 言葉の重みの大切さ
信じます つながる心と心の和
クラスで きらいな人? いないよ みんな なかまだもん
2003年度 悲しむ言葉を投げるより、優しい気持ちを伝えたい
冷たい視線を浴びるより、優しい心を受けとめたい
いやな事 わかっているはず あなたには
だめと言える 小さな勇気
(東京人権啓発企業連絡会 家族の部優秀賞)

人権相談窓口の設置

2008年4月に「人権啓発室」を設置し、人権・ハラスメントに関わる相談等に迅速に対応できる体制を整えています。

CSRサイトマップ

CSRレポート

PDFダウンロード

震災復興支援サイト かせするもん。