CSR情報

ホーム>CSR情報>リスク管理

リスク管理

リスク管理に関する基本的な考え方

各種事業を安定的に遂行して経営資源を保全し企業価値を維持向上するため、経営層が全社のリスクを定期的に把握・管理する「総合リスク管理委員会」を設置しています。同委員会での総合的管理のもと、各種リスクの担当部門でさらにきめ細かくモニタリングを実施する体制を整えています。

総合リスク管理委員会
  • 企業活動を取り巻く異なるカテゴリーに属するさまざまな外的・内的要因リスクを総合的に管理し、リスクの所在と大きさを適時かつ正確に把握する
  • 各種リスクを適正に管理し、リスクの顕在化に伴う各種事態を適切に予防する

事業継続管理

リスク管理の一環として、緊急事態(大規模災害・システム障害等)発生時の事業継続と迅速な復旧のため、事業継続計画を策定しています。人命と安全の確保を最優先とし、安否確認や業務復旧に関する実践的な訓練・教育を定期的に実施して緊急時対応計画の実効性を検証しながら、リスクへの対応力強化に取組んでいます。

新型インフルエンザ対策

新型インフルエンザの大流行による緊急事態を想定し、適切な事業継続管理と主要拠点における決済等重要業務の遂行を目的に、初動対応と業務コンティンジェンシープランを定めた「新型インフルエンザ初動対応マニュアル」の周知徹底を図っています。

AED(自動体外式除細動器)の設置

本社・本社別館・鶴ヶ島ビル・各地自社ビルには、AEDを設置し、非常時に備え救命活動講習を実施しています。従業員と来訪されるお客さまのみならず近隣の方や通行人への使用も想定し、各ビル1階に設置しています。

地域連携(災害発生時の帰宅困難者対策)

本社所在地である「四ツ谷駅周辺地区の帰宅困難者対策地域協力会」に2006年の設立当初から参画し、毎年「千代田区帰宅困難者対応訓練」に参加、地域住民、企業、団体と連携し対策の推進に協力しています。

物資の備蓄

災害発生時、社会インフラの停止と従業員一斉帰宅の抑制に備え、全拠点の常勤従業員全員分の防災関連食料、備品を備蓄しています。

従業員の防災意識向上に向けて

本社では、火災を想定した消火・通報・避難訓練を定期的実施、毎回100名以上の従業員が参加し、防災対応能力の向上を図っています。平成23年度にはその取組みが評価され千代田区より「防災貢献者団体」として表彰されました。

CSRサイトマップ

CSRレポート

PDFダウンロード

震災復興支援サイト かせするもん。