ご請求額や
ポイントの確認は
アプリが便利!

詳しくはこちら

おトクに海外旅行!あなたはクレジットカード派?現金派?

なるほど豆知識 第7回 さあ はねを伸ばして海外旅行

海外のお金はいつ両替

夏休みに海外旅行を計画されている方も多いのではないでしょうか。
ところで皆さんはどこで日本円を渡航先の通貨に両替していますか。
一度に現地通貨にして、使わなかった分をまた日本円に戻すのが面倒だからと、必要とされる金額を現地で両替する方が多いようです。
ところがこの手法、かなり無駄をしている場合があるので要注意です。

USドルやユーロなど日本で容易に両替できる通貨の場合

両替は国によって方法も、手数料も、為替レートもそれぞれ異なり、一概にこの方法がベスト、という法則はありません。
そこで、あくまでも目安ですが国内で両替して旅立つのが良いか、現地に着いてから両替するのがいいかをご案内します。
USドルやユーロなど日本で多く流通していて容易に両替できる通貨は、日本国内で両替して旅立つほうが一般的にはお得になります。
現地で必要に応じて両替していると、両替のたびに手数料が発生し大きなムダを発生させる可能性もあります。
日本円に戻すときも日本国内で両替をしたほうが一般的にはお得です。
これに対して、日本国内であまり流通してない、容易に両替できないと思われる通貨は、渡航先で現地通貨に両替し、帰国前に現地で日本円に戻すのがお得なようです。
ただし、このような通貨はUSドルからの両替がスムーズな場合もありますので、現地事情もしっかりと確認して下さい。

現金、それとも

現金は便利だけれど大量に持ち歩くのは心配。
そんな時役に立つのがクレジットカード。しっかり金額を管理すれば安心ですし本人確認の役割も果たすのでクレジットカードは必須アイテムです。
現金が必要になった場合でも、クレジットカードのキャッシング機能を利用することで安全に現地通貨で現金を用意することができます。もちろん利息はつきますが、すぐに返済すれば現地通貨に両替する手数料よりキャッシングの利息のほうが安くなることも多いようです。

いずれにしろ、現金派、クレジットカード派などといわず、しっかり調べて一番オトクで安全な方法をチョイスしてください。
円安だから。。。と嘆いているよりもちょっと調べて賢い選択をして海外旅行を楽しみましょう!

海外旅行におすすめのオリコカードをご紹介します。

特長(1)最大2,000〜5,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯
特長(2)国内旅行でも最大1,000〜5,000万円の旅行傷害保険
特長(3)ゴールドカードなら、空港ラウンジサービスやショッピングガードも付帯

旅行の豆知識をもっと見る

人気ランキング

集計月:2017年8月

2015年7月 旅行をご紹介しております!クレジットカード・カードローンのオリコ公式サイトです。このページではオリコカードのなるほど豆知識の記事を掲載しております。