サステナビリティ

ホーム>サステナビリティ>コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンス

コーポレートガバナンスに関する考え方

当社は、当社の基本理念等に基づき、目指すべき姿として『真に社会から存在意義を認められ、分割・決済ニーズのあるお客さまに最高の金融サービス・商品を提供することにより、お客さまの豊かな生活と夢の実現に貢献』を掲げ、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図ってまいります。このためには、経営の透明性やステークホルダーに対する公正性を確保し、かつ、迅速・果断な意思決定が重要であると考えており、当社の経営環境を踏まえ、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでまいります。

コーポレートガバナンスに関する基本方針

経営上の意思決定、執行及び監督に係る業務執行組織の概要は以下のとおりです。

コーポレートガバナンス・コードへの対応状況

現状を踏まえ、総合的に判断した結果、コーポレートガバナンス・コード原則4-11取締役会・監査役会の実効性確保のための前提条件をエクスプレイン(原則を順守しない理由の説明)としております。当社の取締役会は、多様な知識、経験を持つ取締役13名(社外取締役3名を含む。いずれも男性。)で構成され、適切に運営されておりますが、さらなる多様性確保による取締役会の一層の活性化のため、女性取締役の選任は重要な課題と認識し、その実現に努めていきます。

また、オリコのコーポレート・ガバナンスに関する状況を記載した「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を東京証券取引所に提出し同取引所およびオリコのWebサイトに掲載しています。

サステナビリティ ESGデータ

サイトマップ

震災復興支援サイト かせするもん。