ご請求額や
ポイントの確認は
アプリが便利!

詳しくはこちら

ビジネスカード活用術!確定申告シーズンに改めて考えよう。

2017年3月

2017年1月から所得税や法人税などの国税もクレジットカード払いが可能となり、ますますクレジットカードの利便性が増しています。個人用とは別にビジネスカードを申し込めば、面倒な経理事務が効率的に!そこで今回は、ビジネスカードの賢い活用術を紹介します。

マンガ:かわぐち まさみ

小規模の会社を経営していたり、個人で事業をしていると、負担に感じるのが経理事務。発生した経費を個人用のクレジットカードで支払ううちに、いつの間にか立て替えた経費の精算を忘れてしまうことも……。その結果、決算時や確定申告時に面倒な経理作業が発生したり、税務調査で問題を指摘されることも少なくありません。こうしたトラブルを避けて事務処理の効率化を図るには、ビジネスカードを申し込み、お金の公私を明確に分けることが重要です。
ビジネスカードとは、法人として登記している会社の代表者はもちろん、個人として事業所得を申告している個人事業主が利用できるビジネス用のクレジットカードです。オフィスの水道光熱費や通信費、接待費、交通費、出張時の宿泊費など、利用できる経費はさまざま。これらの経費をビジネスカードで支払えば、利用金額は法人口座から引き落とされ、Webの利用明細などから「いつどこで何にいくら使ったか」が一目瞭然。従業員がいる場合は、従業員の利用履歴も管理できるうえ、従業員の利用分もまとめてポイントをためることができます(ただし、ポイントが付かないクレジットカードもあります)。
従業員が代表者のビジネスカードを毎回借りるのが面倒な場合は、従業員に追加カードをつくるという手もあります。ただし、発行枚数はカードごとに上限があるため、あらかじめ確認しておくとよいでしょう。
ビジネスカードを申し込んだらぜひ活用したいのが、会計ソフトとの連動です。利用明細のデータを会計ソフトに取り込めば、別途会計ソフトに打ち込む手間が省けるというのは、ビジネスカードならではのメリットといえるでしょう。
さらに、ビジネスカードの中には、月々300円程度の低コストで福利厚生を充実させられるものも。国内外の宿泊施設、ゴルフ場やクルージングの利用など、幅広いサービスを優待価格で利用できるため、従業員満足度の向上に役立つはずです。

会社の経営者になったり、個人で事業を始めたら、ビジネスカードを作ってはいかがかな?ちなみに、年会費が発生する場合、ビジネスカードの年会費は経費として計上できるんじゃ!年会費の有無にこだわらず、自分に合ったクレジットカードを選ぶといいと思うぞよ〜。

支払方法の豆知識をもっと見る

人気ランキング

集計月:2018年12月

2017年3月 支払方法をご紹介しております!クレジットカード・カードローンのオリコ公式サイトです。このページではオリコカードのなるほど豆知識の記事を掲載しております。