ご請求額や
ポイントの確認は
アプリが便利!

詳しくはこちら

「クレジットカードのショッピング枠の現金化」に注意!

2017年10月

不要品処分でお小遣い稼ぎができるフリマアプリ。人気が高まっていますが、換金性商品の出品等ガイドライン違反の出品物も散見されていました。現在は各社の取り組みで監視が強化されているものの依然続いている問題です。そこで今回は、フリマアプリで注意したい「クレジットカードのショッピング枠の現金化」を紹介します。

  • 現在はフリマアプリ各社の取り組みによって不当な出品の監視等が強化されています。

マンガ:かわぐち まさみ

紅葉の葉が色付き、クローゼットの中を秋冬物へと衣替えする季節です。衣替えをすると、洋服や小物など不要なものが出てくることも多いのではないでしょうか。最近はスマートフォンのフリマアプリやネットのオークションが充実しているので、買取業者に持ち込むことなく、誰でも気軽に不要品を売買できるようになりました。部屋を片付けながらお小遣い稼ぎができて、環境にも優しい。フリマアプリをうまく利用すれば、そんな一石三鳥も期待できますが、近年は現金や電子マネー付き乗車カードなどが出品され、社会的に問題になっています。実はこれらの換金性の高い出品物は、金融機関等で追加の融資を受けられない人が、クレジットカードで決済し、現金化している可能性があります。クレジットカードには、買い物の際にあと払いにできる「ショッピング機能」と、お金を借り入れることができる「キャッシング機能」があり、それぞれに利用できる金額が設定されています。フリマアプリでは、「キャッシングご利用可能額」が上限に達してお金を借りることができない人が、「ショッピング枠」を使ってこれらの出品物を購入し、現金化しているのではないかといわれています。こうした行為は「クレジットカードのショッピング枠の現金化」と呼ばれています。換金目的でカードを利用することは、クレジットカード会社の規約違反行為。従って、判明すればカードの利用はできなくなります。また、クレジットカードのショッピング枠を現金化する業者にクレジットカードを提供し、トラブルに巻き込まれる場合もあります。一時的に現金を手に入れても、結局は借り入れ総額を増やすだけ。もし、クレジットカードの返済に困った場合は、速やかにカード会社に連絡を入れ、返済計画について相談することが重要です。一方、フリマアプリなどの運営元は、犯罪によって得られたお金の出所を分からなくする「マネーロンダリング(資金洗浄)」につながる恐れがあるとして、これらの出品を禁止し、監視を強めています。出品者側も意図せず不正利用に加担することになりかねませんので、不要だからといって、現行の紙幣や電子マネーを出品することはやめましょう。

クレジットカードのショッピング枠を現金化することは、クレジットカードの規約違反として、「残金の一括請求」、「カードの利用停止」、「カードの強制退会」などのペナルティーを受けることになるぞよ!

トラブル解決の豆知識をもっと見る

人気ランキング

集計月:2018年12月

2017年10月 トラブル解決をご紹介しております!クレジットカード・カードローンのオリコ公式サイトです。このページではオリコカードのなるほど豆知識の記事を掲載しております。