ホーム 会社案内・IR情報 採用情報 加盟店・法人のみなさま
クレジットカード・ローン - オリコ
カードの紛失・盗難 お問合せ・よくあるご質問 サイトマップ
クレジットカードを作る クレジットカードを使う クレジットカードで得する クレジットカードローン&マネー クレジットカードの学校
HOME > カードを使う > トレンド掲示板 > 大人の特等席 > Vol.7 「ロボット新世紀」
オリコこだわりセレクション Vol.7 大人の特等席
ロボット新世紀
子供の頃には、オモチャやフィクションの世界だけと思われていたロボット…。科学の進歩とともに、産業用をはじめ、さまざまなロボットが生まれ、遂に、家族の一員として、コミュニケーションをコンセプトにした家庭用ロボットを、世の中に送り出す時代となりました。ロボットと暮らす「新しい時代の、新しい生活」そんなロボット新世紀が、始まります。
人と共存するための「ロボット三原則」
ロボットを題材にした小説や漫画、映画などの中にロボットが守らなければならない法として、しばしば登場する「ロボット三原則」。これは、SF作家アイザック・アシモフが1940年〜50年頃発表した短編集をまとめた『われはロボット』( I,ROBOT )の中で定義付けたものです。その内容は、「第一条 ロボットは人間に危害を加えてはならない。また、その危険を看過することによって、人間に危害を及ぼしてはならない」「第二条 ロボットは人間に与えられた命令に従わなければならない。ただし、与えられた命令が、第一条に反する場合は、この限りではない」「第三条 ロボットは、前掲第一条および第二条に反するおそれのない限り、自己を守らねばならない」となっています。小説の中から生まれたこの「ロボット三原則」ですが、その後、現実のロボット開発を行う上でも基本原則となっています。あくまでロボットは人間の良きパートナーとして、共存する存在と位置付けられているのです。
シネマに見る、人とロボットの新しい物語。
シネマの中に登場するロボットの多くは、その先進の機能を駆使して活躍するヒーローとして描かれるケースが多いようです。しかし、中には、人間とロボットとのやさしいふれあいを描いたヒューマンなシネマもあります。例えば、「ロボット」が、自我に目覚め、より人間に近づこうと彷徨う『アンドリューNDR114』(1999年/原題:Bicentennial Man)。心が傷つき、不登校となった少年が自宅から遠隔操作するロボットを使って、学校への代理登校を始める。そして、代理のロボットを通じて友だちとの出会いや人間同士のつながり、人の温もりにふれ心の傷を癒してゆく『HINOKIO』(2005年夏公開)。テーマやアプローチは異なるこの2つのシネマですが、どちらもロボットを単なる機械として捉えるのではなく、人間とロボットがコミュニケーションすることで始まる、「新しい時代の新しい物語」を予感させてくれるものでした。
(C) HINOKIO FILM VENTURER
『ヒノキオ INTER GALACTIC LOVE』
DVD 2005/11/26発売
お掃除も、子守りも、ガードマンもロボットにおまかせ!
お掃除をするロボット…。接客を担当するロボット…。ガードマンや子守りまでロボットが担当する…。愛知万博の会場を訪れた人々を驚かせた日本のロボットと、その技術。大人たちは子供の頃夢見た「未来の姿」に感動し、子供たちは、ロボットと暮らす日を実感した瞬間でした。現在では、ロボットの活躍の舞台は、製造業や医療分野をはじめ、広範囲にわたっています。 (C) NEDO ROBOT PROJECT
夢を体感する瞬間
家庭の中で、家族とコミュニケーションを育む全く新しいカテゴリーのロボット「wakamaru」。「人とロボットの新時代」を予感させる夢のロボットが、いま、あなたの家庭へ。
家族を見守りながら、自分で行動する。
発売されるロボットの名前は「wakamaru」。義経の幼名「牛若丸」から連想される成長・発展をヒントにネーミングされた、コミュニケーション能力を持つ世界初の本格的家庭用ロボットです。生活のシーンや家族のライフスタイルに合わせて会話や行動をロボット自身が選択し、動き回るように設定されています。また、記憶している生活パターンと異なる状態が発生した場合などには、あらかじめ登録された連絡場所にメールで知らせることもできます。メッセージの伝達や、インターネットによる情報提供なども、音声で伝えてくれますし、充電も自分で行います。
新しいコミュニケーションの予感。
「wakamaru」のユニークなところは、自分自身の24時間の生活パターンを持って行動するということ。誰かが話しかけたり、何かを指示しない限り、自分で設定されたエリア内を自由に動き回ります。気が向けば、自分から話しかけてくることもあります。つまり、指示を待つだけではなく、ロボットが自分自身の生活を送るように設計されています。話しかければ、話をする人の方に顔を向け、相手の顔をジッと見つめ、眼と眼でアイコンタクトをとりながら、返事をします。この仕草に接したとき、単なる機械とコンタクトする感覚を超えた、新しいコミュニケーションの始まりを実感するはずです。新しい「人とロボットの関係」をとどけてくれる「wakamaru」…。いよいよ、あなたの家庭へ向けて、発売です。
未来を見つめた、三菱重工の新しい挑戦。
工場の生産ラインや、原子力を扱う現場での人間の危険を回避するためなどに、産業の分野でのロボットの開発に早くから取り組んできた三菱重工。その三菱重工が全社員に新規事業プランを募った結果生まれた「家庭用ロボット」の開発。家庭の中での「ロボットのポジションとは?」「その必要な機能とは?」「その姿カタチとは?」…。開発チームは試行錯誤を繰り返し、遂に、この秋、家庭用ロボットの販売に着手することとなりました。産業の世界で培った技術を家庭へ。まさに、未来を見つめた「新しい挑戦」へのスタートです。

wakamaruに会いに行こう。wakamaruギャラリー各店へご来店ください。実際のwakamaruをご自由にご覧いただけます。(入場無料)
wakamaruギャラリー品川 三菱重工品川ビル 2F 9月16日(金)〜10月31日(月)9:30〜18:00 wakamaruギャラリー新宿 新宿アイランドウィング「クラブツーリズム」14F 10月6日(木)〜10月31日(月)9:30〜17:30
[体験のご予約について]
あらかじめ下記の方法で wakamaruギャラリーでの体験をご予約いただくと、体験デモに加えて詳しいご説明やご購入に関するご相談に専門スタッフが個別で対応させていただきます。
パソコンホームページwww.wakamaru.net(24時間受付)
お電話電話0120-17-00-86(受付時間/9:00〜18:00)

展示はこちらへ 「イルムス池袋」展示場  池袋西武イルムス館1F 10月19日(水)〜10月31日(月)10:00〜21:00(日祝〜20:00)
ご家庭のインターネット環境等により、ご使用になれない場合がありますのでご注意ください。
会場には駐車場がありませんので、公共の交通機関等でのご来店をお願いいたします。
体験予約をされていない場合、体験デモを受けられないことがございます。
その他、詳しくは0120-17-00-86またはwww.wakamaru.netへどうぞ。
Vol.6へ Vol.8へ
Copyright(C) Orient Corporation.All Rights Reserved. サイトポリシー個人情報の取扱いクレジットポリシー