ホーム 会社案内・IR情報 採用情報 加盟店・法人のみなさま
クレジットカード・ローン - オリコ
カードの紛失・盗難 お問合せ・よくあるご質問 サイトマップ
クレジットカードを作る クレジットカードを使う クレジットカードで得する クレジットカードローン&マネー クレジットカードの学校
HOME > カードの学校 > カードの教室 > カードのまめ知識 > 世界のクレジットカード 韓国
世界のクレジットカード 韓国
世界のクレジットカード
韓国編
たくさんご利用されている方には、少しうらやましい、お隣の韓国の例を紹介します。 韓国では、政府による景気刺激策の個人消費拡大策として、クレジットカードの利用を促進するための2つの方策を導入しました。
税金が安くなる?!
その一つが「所得控除」で、クレジットカード使用金額が年間給与所得の10%を超える場合、超過額の10%が課税所得から控除される措置です。 つまり、カードを使えば税金が安くなり「おトク」という訳です。
たとえば…
日本の場合で試算をしてみると、収入から控除額を引かれた金額が所得になるので、年収500万円の人であれば、所得は260万円位(人によって違いますが)になります。 その10%の26万を超えた年間のクレジットカード使用金額分が対象となり、クレジットカードの利用金額が年間100万円なら、なんと7万円の税金が戻ってきます。
宝くじに当たる?!
もう一つは、宝くじ制度です。クレジットカード利用控えに付けられた番号を対象にして、毎月1回で年間12回、賞金が当たる抽選が実施される制度です。 利用回数が増えれば宝くじが当たる確率が高くなるのですから、少ない金額でも回数を目当てに利用する人が増えるという訳です。抽選会の模様はテレビで放映され大変な盛り上がりを見せたとか…

効果はバツグンで、韓国のクレジットカードの利用率は、世界でもトップクラスになりました。 しかし、「好事魔多し」といいますが、その後は、競争激化を受けての過剰与信による延滞者の増加やクレジットカード会社の業績悪化となりました。
  もくじ   アメリカ編
Copyright(C) Orient Corporation.All Rights Reserved. サイトポリシー個人情報の取扱いクレジットポリシー