ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

クレジットカードにはどんな種類がある?国際ブランドや会社、グレードについて

なるほど豆知識 クレジットカードにはどんな種類がある?国際ブランドや会社、グレードについて

クレジットカードといっても、国際ブランドの種類やクレジットカード会社、クレジットカードのグレード(ステータス)などによって多くの種類に分かれます。初めてクレジットカードを作る方であれば、「どのクレジットカードにするべきかわからない……」というお悩みを抱えていることでしょう。でも大丈夫。ここでは、そんなお悩みを持っている方に向けて、クレジットカードの種類を国際ブランド、クレジットカード会社、ステータスの観点に分けて説明していきます。クレジットカード選びの参考にしてください。

クレジットカードの5大国際ブランドはこれ!

クレジットカードの国際ブランドとは、VisaやMastercardなどのクレジットカード会社に決済システムを提供している会社のこと。日本で有名な国際ブランドは5つあります。それぞれの特徴について解説していきましょう。

Visa(ビザ)

日本でも知名度の高いVisaの特徴は、圧倒的なシェア率の高さです。現在利用されているVisaカードは34億枚になり、世界200以上の国と地域で使用することができます。(2019年3月末時点)国内はもちろんのこと、海外での利便性にも優れていることが魅力です。

グローバルでの活動 - Visaのビジネス別ウィンドウで開きます

Mastercard(マスターカード)

MastercardもVisaと同様に世界中に多くの利用者がいる国際ブランドです。利用者数や加盟店数もVisaと遜色がなく、クレジットカードが使えるお店であれば、Mastercardはほぼ間違いなく利用できるでしょう。Visaは決済機能の提供のみになりますが、Mastercardは自社でもクレジットカードを発行しています。

JCB(ジェーシービー)

日本初で唯一の国際クレジットカードブランドがJCBです。海外での加盟店の数はVisaやMastercardと比較すると少ないですが、国内での発行枚数は多く、日本全国で様々な優待サービスを受けることができます。海外の主要観光地には日本語での相談窓口「JCBプラザ」も設置されており海外旅行のサポート体制も整っています。

American Express(アメリカン・エキスプレス)

「アメックス」とも呼ばれています。最大の特徴はステータス性の高さです。他のブランドと比べると年会費は高めに設定されていますが、手厚いサービス内容や多彩な特典・優待を用意していることが大きな魅力です。以前は、日本国内では使用できる店が少なかったですが近年では多くの店で利用できるようになっています。

Diners Club(ダイナースクラブ)

1950年設立という歴史のある国際ブランドです。American Expressと同様にステータス性が高い国際ブランドです。以前は、日本国内では使用できる店が少なかったですが近年では多くの店で利用できるようになっています。

クレジットカード会社にも違いがある

次にクレジットカード会社という観点から見ていきます。国際ブランドと同様に、クレジットカードは発行している会社が違うことでも様々な違いが出てきます。ここでは、「信販系クレジットカード」、「銀行系クレジットカード」、「流通系クレジットカード」の3つに分けて紹介します。

信販系クレジットカード

ローンサービスや割賦払いを提供している信販会社が発行するクレジットカードです。学生、主婦、社会人、個人事業主など様々な利用者向けのクレジットカードも発行されています。また利用額に応じてポイントが還元されるもの、旅行傷害保険が付帯されているもの、クレジットカードの提示により割引が受けられるものなどカードにより様々な特徴があります。

銀行系クレジットカード

銀行が発行しているクレジットカードです。中には、クレジットカード機能に銀行のキャッシュカード機能をつけたキャッシュカード一体型クレジットカードもあります。

流通系クレジットカード

スーパーなど流通業者が発行しているクレジットカードです。最大の特徴は、発行元の流通業者で利用する際に割引サービスなどの嬉しい特典がつくこと。特定の店舗でよくお買い物をしていて、その店舗がクレジットカードを発行している場合は、おトクにお買い物ができるでしょう。

この他にも鉄道・航空系のクレジットカードや家電量販店のクレジットカード、レンタルショップのクレジットカードなど多くの種類があります。クレジットカードを選ぶ際には、よく使う店舗やサービスを提供している会社で、どんなクレジットカードを発行しているかチェックするのもよいかもしれません。

クレジットカードのグレードも要チェック!

国際ブランドの違い、クレジットカード会社の違いについてご理解いただいたところで、最後にクレジットカードのグレードによる違いについて見ていきましょう。クレジットカードにはグレード、つまりランク付けのようなものがあるのです。一般的にクレジットカードには、下記のように分けられています。

  • クレジットカード会社によって異なります。

クレジットカードヒエラルキー 最下層がスタンダード 最下層から2つ目がゴールドカード 最下層から3つ目がプラチナカード 最上位がブラックカード

スタンダードカード

年会費が無料あるいは安価になっており、特典や優待などのサービス内容、付帯保険については必要最低限であることが多い傾向にあります。初めてクレジットカードを作る場合には、使い方に慣れるという意味でもこちらのグレードからスタートしてみることをおすすめします。ここでオリコのスタンダードカード、「Orico Card THE POINT」をご紹介します。

Orico Card THE POINT
(オリコカード ザ ポイント)

年会費無料のポイント高還元率カード

  • Orico Card THE POINT
  • Orico Card THE POINT

Orico Card THE POINTをチェック!

特長
  • 1
    還元率は常に1.0%以上!100円で1オリコポイントがたまります!
  • 2
    入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ!
  • 3
    年会費は無料!
  • 4
    オリコモールのご利用でさらに0.5%のオリコポイントを特別加算!
  • 5
    iDとQUICPayをダブル搭載!コンビニなど少額のお買い物も、簡単・便利・スピーディ!
  • 6
    たまったオリコポイントは500オリコポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!

ゴールドカード

先ほどご紹介したスタンダードカードと比べると、特典や優待などのサービス内容が手厚くなっています。スタンダードカードの場合、無料や数百円~数千円程度になる年会費ですが、ゴールドカードでは数万円程になることも珍しくありません。その分、より有利な条件で特典や優待などのサービスを受けることができます。ここでオリコのゴールドカード、「Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD」をご紹介します。

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
(オリコカード ザ ポイント プレミアム ゴールド)

オリコポイントがたまる高還元率ゴールドカード

  • Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD
  • Orico Card THE POINT PREMIUM GOLD

Orico Card THE POINT PREMIUM GOLDをチェック!

特長
  • 1
    年会費:1,986円(税込)
  • 2
    還元率は常に1.0%以上!100円で1オリコポイントがたまります!
  • 3
    入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ!
  • 4
    オリコモールのご利用でさらに1.0%のオリコポイントを特別加算!
  • 5
    電子マネーのご利用でさらに0.5%のオリコポイントを特別加算!
  • 6
    ショッピングリボ払いのご利用でさらに0.5%のオリコポイントを特別加算!
  • 7
    たまったオリコポイントは500ポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
  • 8
    最高2,000万円の海外旅行傷害保険が自動付帯!
  • 9
    国内外の宿泊施設、飲食店等の各種施設が優待価格で利用可!
  • オリコモール特別加算(1.0%)は一部対象外のショップがあります。

プラチナカード

プラチナカードとは、ゴールドカードのサービスをさらに進化させたもの。ゴールドカードまでは基本的に誰でもお申込みが可能ですが、プラチナカードの場合はクレジットカード会社からの招待制になっているケースも多いです。つまり、ゴールドカードなどにおいて一定の利用実績を残した会員のみ、入会の資格があるというわけです。それだけ高いグレードになるので、年会費もそれなりに高額です。年会費は2~10万円程度に設定しているクレジットカード会社が多くなっています。ここでオリコのプチラナカード、「Orico Card THE PLATINUM」をご紹介します。ちなみにオリコカードのプラチナカードは20歳以上の方であればお申込みが可能となっています。

Orico Card THE PLATINUM
(オリコカード ザ プラチナ)

最強のパフォーマンス!使えるプラチナカード、オリコカード ザ プラチナ!

  • Orico Card THE PLATINUM

Orico Card THE PLATINUMをチェック!

特長
  • 1
    年会費:20,370円(税込)
  • 2
    オリコ史上最高のポイント還元率!常時1.0%以上、誕生月の還元率は2.0%
  • 3
    コンシェルジュサービス!24時間・365日さまざまなご要望にお応えします。
  • 4
    多彩な空港サービス!国内外の無料空港ラウンジサービス、無料手荷物宅配など。
  • 5
    豊富なT&Eサービス!厳選レストラン1名無料など。
  • 6
    充実付帯保険!最高1億円の旅行傷害保険、業界初の個人賠償責任保険など。

ブラックカード

最上級のクレジットカードといえばブラックカード。年会費は安くても5万円からで、高いものになると数十万円以上になります。ブラックカード専用のコンシェルジュサービスの中には、新幹線やチケットの取得代行、旅行時の観光プランの作成、飲食店の予約代行などさまざまなサポートをしてくれるサービスがあります。例えば、ホテルの予約がなかなか取れない場合であっても、コンシェルジュ経由であればお部屋が確保できるケースがあります。限られた方しか保有することのできない最高グレードのクレジットカードです。

クレジットカードの付帯サービスについて知りたい方は以下の記事も参考にしてください。

クレジットカードは自分のライフスタイルを想像して選ぶ!

ここまでの内容でクレジットカードには様々な種類があることがお分かりいただけたと思います。「これだけ種類があると迷ってしまう……」というのが正直なところでしょう。軽い気持ちでクレジットカードを作ってしまうとクレジットカードがどんどん増えていき、管理の手間も煩わしくなってしまいます。長い目で自分のライフスタイルを想像しつつ、どんな種類のクレジットカードが向いているのか検討しましょう。例えば、先ほどご紹介した流通系のクレジットカードなどは、引越しや転職などで、その店舗から離れてしまうというと、メリットが感じられなくなってしまいます。「この店舗でのお買い物がおトク!」という明確なメリットがあるクレジットカードの場合にはそういった点も考慮して選ぶとよいでしょう。

以上、ここではクレジットカードについて、国際ブランド、クレジットカード会社、グレードの観点から解説してきました。自分にとって、どのようなクレジットカードが向いているのか判断はつきましたでしょうか。まだ見つかっていないというあなた。オリコカードでは様々な種類のクレジットカードをご用意しています。きっとあなたにぴったりのものが見つかるはずですよ。詳しくは「カード一覧から探す・比較する」からチェックしてみてください。

クレジットカードの基礎知識

おすすめのクレジットカード