ニュースリリース

ホーム>ニュースリリース>2011年>ソフトバンクモバイルとのモバイルNFCサービスの実証実験を開始

ソフトバンクモバイルとのモバイルNFCサービスの実証実験を開始〜 世界初!Android™向けウォレットアプリケーションを搭載 〜

2011年1月19日

オリエントコーポレーション(以下:オリコ、本社:東京都千代田区、社長:西田宜正)は、ソフトバンクモバイル株式会社(以下:ソフトバンクモバイル、本社:東京都港区、社長:孫正義)が2010年12月8日にリリースしたAndroid™2.2※1搭載スマートフォンを用いたNFC※2実証実験に参画し、2011年1月19日よりNFC対応携帯電話を用いたモバイルNFCサービスを開始します。

今回の実証実験は、商用化を意識したモバイルNFCサービスとなっており、通常郵送で送付するダウンロード用のID/パスワードを送付することなく、お客さまが申込み時に予め設定した任意のパスワードをモバイルNFC関連サーバ・システム(TSM)と連携することにより、シームレスなダウンロードが可能となります。TSMは、VisaやMastercardの認定を取得したジェムアルト株式会社(本社:アムステルダム)のシステムを利用し、NFC対応のUSIMカード上にMastercard®PayPass™※3アプリケーションとクレジットカード情報をダウンロードします。認定TSMを利用したダウンロードサービスの提供は、日本初となり、お客さまは、国内・海外のMastercard®PayPass™加盟店において簡単・スピーディに利用できます。

本実証実験では、携帯電話端末上にウォレットを用意し、ショッピングのお支払いの際には、あたかも財布から利用するクレジットカードを選ぶように、クレジットカードの選択を可能としています。このAndroid™向けウォレットアプリケーションの搭載は、世界初の試みとなります。その他、携帯電話の紛失・盗難時におけるPayPass™の再発行やサービス停止についても実現しており、商用に近いモバイルNFCサービスを実現しています。

今回の実証実験への参加を受けてオリコでは、非接触IC決済のセキュリティを向上させています。非接触IC決済を行う際に動的なセキュリティコードを生成し、真正な取引であるかどうかの確認を行います。この動的なセキュリティコードにより、非接触IC決済で懸念されている電波傍受による被害や偽造カードによる不正な取引を防ぐことができ、お客さまは、オリコの発行したPayPass™を利用することにより、世界中のPayPass™加盟店で安心・安全に非接触IC決済を利用することができます。

オリコは、2006年3月よりクレジットカードによるPayPass™の発行を行っていますが、本実験を通してモバイルPayPass™の検証を行うとともに、顧客利便性の優れたモバイルNFCサービスの実現を目指していきます。

実証実験の概要
実証実験期間 2011年1月17日〜2011年3月末まで
実証実験場所 国内及び海外のMastercard®PayPass™加盟店
実証実験の参加者 実証実験参加各社の関係者
非接触IC Mastercard® PayPass™
サソ