オリエントコーポレーション企業サイト

サステナビリティ

SDGsの達成に向けた取り組み

持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)達成へ向けた取り組み

2015年9月、全国連加盟国(193カ国)は、より良き将来を実現するために今後15年かけて極度の貧困、不平等・不正義をなくし、私たちの地球を守るための計画「アジェンダ2030」を採択しました。この計画がSDGsです。
SDGsは、ミレニアム開発目標で十分に手を打てなかった課題に加え、Rio+20で議論された深刻化する環境課題など17の目標と169のターゲットに全世界が取り組むことによって「誰も取り残されない」世界を実現しようという壮大なチャレンジです。

持続可能な開発目標(SDGs: Sustainable Development Goals)達成へ向けた取り組み

経営・事業へのSDGsの組み込み

1. SDGsの理解
  • サステナビリティ経営セミナー

    2019年7月26日、株式会社クレイグ・コンサルティング 代表取締役 小河光生氏を外部講師として招き、「企業価値を向上させるサステナビリティとは」をテーマにサステナビリティ経営セミナーを実施しました。役員・部室長・首都圏の支店長・グループ会社代表者など約130名が受講し、サステナビリティを企業価値につなげる視点や当社のサステナビリティへの期待という観点からサステナビリティへの理解を深めました。

  • DVD(ビデオオンデマンド)を活用した社内浸透

    サステナビリティにに関する社内浸透を図る目的としてDVDを作成し全拠点へ配布、視聴しました。
    内容:サステナビリティについて、SDGs・ESG投資とは、今後の当社の課題・取り組みなど

  • サステナビリティを身近に考えるプログラム~私たちのサステナビリティ~

    サステナビリティの取り組みの理解促進を図るため、仕事や日常生活を通じてSDGsの達成につながる取り組みを考え、17の目標の中からそれぞれ選択・宣言し、行動に結びつけるプログラムを全社で実施しています。
    個々の取り組みとして宣言カードへの記入とフォームでの宣言登録、部室店毎の取り組みとしてポスターを作成・掲載し共有しています。
    2019年度は3,055名の社員が宣言をしています。

  • サステナビリティに関する研修

    新入社員入社時研修および新任課長研修においてサステナビリティに関する研修を実施しました。
    当社のサステナビリティの考え方やSDGsについての研修、グループワークを通してサステナビリティへの理解を深めました。

    実施日 研修名 受講者数
    2019年4月4日 新入社員入社研修 137名
    2019年5月21日 新任課長研修 40名
    2019年11月20日 新任課長研修 36名
2. 重要テーマの特定

重要テーマの選定にあたっては、SDGs169のターゲットやオリコを取り巻く社会課題をもとにしながら、事業との関連性やステークホルダーの期待や要望などを考慮しました。

重要テーマ特定プロセス

3. 重要テーマに沿った取り組み推進

SDGs をふまえた5つの重要テーマの取り組み項目と目標および取り組みの方向性のもと、PDCAサイクルを通じて、オリコのサステナビリティの取組み強化を進めることにより、持続可能な社会の実現と企業価値向上をめざしていきます。

サステナビリティ推進体制

その他の取り組み事例

学費サポートプランによる次世代の教育振興

当社は日本政府がSDGs達成目標として掲げる『SDGsを達成するための具体的施策※(SDGsアクションプラン2020)』8分野のひとつである「あらゆる人々が活躍する社会・ジェンダー平等の実現」をめざし、当社の学校提携教育ローン(学費サポートプラン)を通して高等教育の修学支援の充実に取り組んでいます。

※全国務大臣を構成員とする持続可能な開発目標(SDGs)推進本部により定められた持続可能な開発目標(SDGs)

オリエントコーポレーションソーシャルボンド

ソーシャルボンドとは、ICMA(国際資本市場協会:International Capital Market Association)が定めたソーシャルボンド原則※の定義に則し、社会的課題の解決を目的とした資金調達のために発行される債券です。

※ソーシャルボンド市場の透明性と情報開示を奨励し、秩序の発展を促す自主的な手続きによるガイドライン

1.ソーシャルボンド概要
回債
(下段は愛称)
第24回無担保社債(個人投資家向け債)
オリコ学費ソーシャルボンド
第25回無担保社債(機関投資家向け債)
発行年限 5年 5年
発行額 50億円 50億円
利率 0.32% 0.32%
申込期間 2020年7月13日~7月27日 2020年7月10日
払込期日 2020年7月28日 2020年7月17日
引受会社 みずほ証券、野村證券、大和証券、SMBC日興証券、
三菱UFJモルガン・スタンレー証券
みずほ証券、野村證券、大和証券
取得格付 A- 株式会社日本格付研究所(JCR)
BBB+ 株式会社格付投資情報センター(R&I)
『Social 1』 株式会社日本格付研究所(JCR)
資金使途 当社が提供する提携教育ローン(学費サポートプラン)の実行のために調達した資金のリファイナンス
2.レポーティング
  • 調達資金の充当状況
    本ソーシャルボンドの調達資金については、全額を学費サポートプランのために調達した資金のリファイナンス(コマーシャル・ペーパーの償還資金)に充当済みです。
    (2020年7月31日時点)

  • ソーシャルローンプールに抽出した学費サポートプラン

    • 件数 14,084件
    • 進学先別の貸与金額(割合) 大学、短大:58%、専門学校:42%
    • 対象となる学校数 1,992校
      (2020年7月31日時点)
3.適格性に関する第三者評価

本ソーシャルボンドの適格性については、第三者評価として、株式会社日本格付研究所(JCR)から「JCRグリーンボンド評価」の最上位評価である「Social1」の評価を取得しました。

4.本ソーシャルボンドに関する投資表明
  • 投資表明投資家一覧(五十音順)
    • アセットマネジメントOne株式会社
    • 上田信用金庫
    • 巣鴨信用金庫
    • 大同火災海上保険株式会社
    • 三井住友トラスト・アセットマネジメント株式会社
    • 三重県信用農業協同組合連合会
      (2020年7月17日時点)

環境保護活動