ニュースリリース

ホーム>ニュースリリース>2016年>タイムデザインと提携し、バーチャルカードを活用した「Mastercard In Control for Commercial Payment」の提供を開始

タイムデザインと提携し、バーチャルカードを活用した
「Mastercard In Control for Commercial Payment」の提供を開始

2016年10月20日

かなえる、のそばに。 Orico Time Design

株式会社オリエントコーポレーション
株式会社タイムデザイン

株式会社オリエントコーポレーション(東京都千代田区、代表取締役社長:河野 雅明、以下「オリコ」)は、株式会社タイムデザイン(東京都渋谷区、代表取締役社長:高松 祐三、以下「タイムデザイン」)と提携し、2016年10月20日(木)より、Mastercard(以下「Mastercard」)の決済サービスであるバーチャルカード(※)を活用した「Mastercard In Control for Commercial Payment(マスターカード・インコントロール・フォー・コマーシャルペイメント)」(以下「Mastercard ICCP」)の提供を開始します。

Mastercard ICCPの導入により、タイムデザインでは、海外ホテル(提携先)の予約サイトを利用したお客さまの予約受付から海外ホテルとの精算業務に至るまでの一連の照合作業を大幅に軽減することが可能となります。また、海外ホテルにおいても請求精算業務が大幅に軽減されるため、タイムデザインと海外ホテルの双方において決済業務の効率化を実現できます。

  • 1回のみ利用可能なカード番号

タイムデザインは、オリコが発行するパーチェシングカード(企業間の調達専用カード)を活用し、お客さまの予約ごとにMastercard ICCPを利用して個別のバーチャルカード番号(以下「VCN」)を発行します。発行されたVCNを予約ごとの決済に利用することで、予約から精算までのプロセスを個別のカード番号で一括して管理することが可能となります。

Mastercard ICCP運用イメージ

「Mastercard In Control for Commercial Payment(Mastercard ICCP)」導入のメリット

Mastercardのネットワークを利用する決済サービスです。B2B決済におけるパーチェシングカード(企業間の調達専用カード)のセキュリティ強化を目的に開発され、導入企業のニーズに応じてカスタマイズした利用制限付きのVCNを発行する機能を備えております。

導入企業は、パーチェシングカードとして、利用金額、利用回数、利用期間、利用時間、利用国、通貨等の利用制限付きのVCNをB2B決済に導入することにより、セキュリティ強化だけでなく、発注・精算業務における照合作業も大幅に削減することが可能となります。

会社概要

株式会社オリエントコーポレーション

設立日 1954年12月
住所 東京都千代田区麹町5丁目2番地1
事業内容 個品割賦事業、カード・融資事業、銀行保証事業 他

株式会社タイムデザイン

設立日 2006年5月
住所 東京都渋谷区恵比寿1丁目18番14
事業内容 ダイナミックパッケージ事業
(ホテルと航空券等移動手段を組み合わせた旅行販売システムの提供)
サソ