MENU

Education 教育・研修

オリコ独自の多彩な教育プログラムで
社員の成長をサポート

オリコのあらゆる事業を支えるのは「社員」という人材。
そのために、社員一人ひとりがキャリアの目標を主体的に設定し、
必要な知識やスキルを自ら身につけ、人材価値を高めることが重要です。
オリコは、そんな社員の能力開発を支援する「教育プログラム」を提供しています。

1. 新入社員育成プログラム

社会人としての基礎力や、オリコが展開する幅広いビジネスフィールドで必要とされる基礎知識を、
OJTトレーニング・集合研修を通じて習得します。

OJTトレーニングと集合研修+自己啓発支援(社内通信教育)

新入社員の教育スケジュール例

新入社員の教育スケジュール例
【OJTトレーニング】
配属店にて、教育トレーナーの指導を受けながら業務スキルを身につけます。
【集合研修】
当社保有の研修施設(目白研修会館)や本社研修ルーム、外部施設にて実施します。

2. キャリア形成支援

社員一人ひとりが自らのキャリアを描き、その実現に向け主体的に行動することを支援するために、
集合研修や様々な制度があります。

  • キャリア研修

    社員一人ひとりがそれぞれのキャリアを形成するために、キャリア形成を支援する場として集合研修を行います。

  • 社内公募制度

    挑戦したいと思う職務に自ら応募できる制度です。年2回実施し、公正な機会を提供することで、高い専門的スキルの追求を支援し、主体的なキャリア形成の風土を醸成しています。

  • 自己申告制度

    今後挑戦したい職務などを申告する制度です。社員一人ひとりが、これまでの経験を振り返り、強み・弱みを理解し、今後のキャリアプランを考えます。

  • 国内外トレーニー制度

    国内では、専門スキルを身につけるため様々な企業へトレーニーとして派遣、その経験を当社事業展開において活かしています。国外では、JICAを通じた海外トレーニー派遣により、グローバル人材を育成しています。

  • コース転換制度

    地域限定型の社員が、全国型の社員へ転換する制度です。キャリア形成の中で、全国区で多様な職務経験を積みながら、高度で広範囲な専門知識・スキルを習得したい、より広いフィールドで活躍を望む社員の意欲に応えるために設けています。

  • 継続勤務支援制度

    結婚や配偶者または同居家族の転居転勤が事由で、現在の勤務地で勤務することが困難となった場合、継続して当社で勤務することができるよう転居先最寄支店への異動を申し出ることができる制度です。

3. 自己啓発支援

社員一人ひとりの能力開発を支援するために、様々な教育支援プログラムを提供しています。

  • 社内通信教育

    仕事をする上で必要な知識を習得するための通信教育。現在、初期教育向けに4コースあります。(「収益管理」「法律基礎」「カード」「財務分析」)

  • eラーニング

    社員が自主的に設定したキャリア目標への実現に向けた福利厚生サービスとして、現在300講座の無料eラーニングを受講でき、自己啓発の環境を整えています。

  • 社外セミナー・研修受講支援

    社員の自主的な能力開発の機会として、「社外セミナー・研修」の受講を支援しています。社外の方と積極的に交流することで、自身のスキルアップ以外にも数多くの気づきが得られる機会となります。「マネジメント」「ビジネススキル」「女性活躍」など、全国で開催される社外セミナー・研修が対象となり、学ぼうとする主体的な社員を支援しています。(※会社が費用を一部負担)

  • 資格取得奨励支援制度

    公的資格や業務上必要となる資格の取得を費用面でサポートする制度です。貸金業務取扱主任者、コンプライアンスオフィサー、クレディッター、クレジット債権管理士などの業務資格や、ビジネス実務法務検定、FP技能検定、TOEIC、ITパスポート、もしもし検定などのキャリアアップ資格の取得を奨励しています。

4. 目標管理制度

社員の職務遂行能力を高めながら、一人ひとりの成果とプロセスを評価するための仕組みとして「目標管理制度」を導入しています。
期初に社員自身は組織目標と自らの役割を踏まえた目標を設定し、上司との面談で目標達成の基準と達成までのプロセスを確認します。
期中は必要に応じて上司のサポートを受けながら、目標に向けたPDCAを実践し、
期末の上司との面談で成果とプロセスについて振り返りを行い、翌期の課題を確認して次のステップにつなげていきます。

「目標管理制度」の流れ

「目標管理制度」の流れ