オリエントコーポレーション企業サイト

企業情報

コンプライアンス

方針

コンプライアンスの取り組み

オリコグループは、ステークホルダーの皆さまから信頼いただける企業をめざして、全役職員がより高い倫理観をもって業務に取り組むための行動規準(オリコード)を制定し、公正な企業活動の推進に努めています。私たちの企業活動はお客さまや社会の信頼の上に成り立っており、その信頼は当社の事業基盤そのものだと考えています。

オリコグループにおけるコンプライアンスの定義

「コンプライアンス」という言葉は、一般的には法律を守ること、いわゆる「法令遵守」と訳されることも多いのですが、オリコグループでは法令遵守にとどまらず、社内の規定や規則はもとより、倫理などの社会的規範の遵守までを含めた広い意味で用いています。

オリコグループにおけるコンプライアンスの定義

行動規準「The Orico Group Code(オリコード)」

わたしたちオリコグループはコンプライアンス(法令や倫理等の遵守)を経営の最重要課題の一つと位置付け、2000年10月にオリコグループの全役員、全社員が守るべき行動規準として「The Orico Group Code(オリコード)」を制定いたしました。
このオリコードでは、オリコグループのコンプライアンスに対する考え方を示すとともに、企業として、社員として、そして市民として守るべきことを明文化しています。
わたしたちは、誠実で公正な企業活動を通じて社会に貢献していくためにオリコードの実践とコンプライアンスの徹底に取り組んでまいります。

行動規準「The Orico Group Code(オリコード)」

「オリコード」の構成

オリコグループの行動規準「The Orico Group Code(オリコード)」は、4つのカテゴリーで構成されています。
カテゴリー内の項目ごとに「会社としての取り組み姿勢」と「社員としての取り組み姿勢」を掲載しています。
行動規準の理解をより深めるため、すべての項目に具体的な「事例と解説」を付けています。

1. お客さまとオリコグループ

オリコグループはお客さまとの信頼関係を大切にする会社であることを基本方針としています。
ここで言う『お客さま』とは、顧客・加盟店・株主・金融機関・取引先および地域社会の人々やオリコグループの社員などといったオリコグループを取巻くすべてのお客さまのことを意味しています。
オリコグループは社会的責任を果たすべき対象をこれらの『お客さま』とし、「ステークホルダー」と呼ぶことにします。
また、オリコグループでは、「接待・贈答に関する実施手続」を定め、不正や癒着等の未然防止を図り、健全な取引関係の維持に努めています。

お客さまとオリコグループ
2. 社員とオリコグループ

オリコグループは「人こそ財産」との認識のもと、社員も大切なステークホルダーであると考えています。
創造力豊かで挑戦する勇気のある社員を育て、人間性を尊重し、風通しの良い魅力ある職場をつくることを基本方針とします。

  • 人権の尊重
  • 職場環境
  • 人材の育成
3. あなたの仕事とオリコグループ

オリコグループは企業の維持・発展のために社員にさまざまな仕事に従事してもらっています。
社員はその仕事を通じて、お客さまとの信頼関係を高めていくことが求められています。
その仕事を遂行していく上では、さまざまなルールがあります。ルールを守って仕事に取り組んでいくことが必要です。

  • 情報の取り扱い
  • 営業活動
  • 与信業務
  • 回収業務
  • 会社資産と財産の取り扱い
  • ネットワークの利用
4. 社会とオリコグループ

オリコグループは企業の活動を通じて社会に貢献していきたいと考えています。
オリコグループの社員には、良き社員であるとともに、良き市民であることが求められます。
そのためには社員の一人ひとりが、社会生活において求められる役割を果たしていくことが必要です。

  • 良き社員、良き市民として
  • 社会への貢献、環境問題への取り組み
  • 反社会的勢力との関係遮断
  • ソーシャルメディアの利用

体制

コンプライアンス体制

コンプライアンス体制

1. コンプライアンス委員会

オリコならびにオリコのグループ会社にコンプライアンスの定着を進め、社会に貢献する企業としての企業価値の向上を図ることを目的に2000年10月に設置されました。
コンプライアンス委員会では、オリコグループにおけるコンプライアンス全般にわたる課題や問題点の検証を行うとともにコンプライアンスの浸透、定着を図るための措置等について幅広く協議、検討を行っています。

委員会は、委員長、副委員長および常任委員から構成され、常任委員には社外から弁護士もメンバーとして参加しています。

2. コンプライアンスグループ

コンプライアンス統括部(コンプライアンス推進室、AML室)および法務部で構成されており、オリコグループにおけるコンプライアンスの推進、定着を図るための中心的役割を担っています。
コンプライアンス統括部はオリコグループのコンプライアンス実践活動の統括部署であり『コンプライアンス委員会』および『内部通報制度(オリコ・ヘルプライン)』の事務局となっています。また、法令および社内規則などに則った適正な業務運営を確保するため、内部管理態勢の整備を行っています。
コンプライアンス推進室は、反社会的勢力への対応に関する企画立案、外部専門機関との連携強化、反社会的勢力との関係遮断に向けた教育研修の企画立案、反社会的勢力および犯罪に関する情報収集管理等を行っています。
AML室は、マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止への対応の更なる態勢強化を目的として、専門部署として新設されました。マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止を統括し、規制動向等の情報収集、役職員への研修、その他新たに発生した重要事案への対応を行っています。
法務部は企業法務の専門部署として、リーガルチェック全般を担当するとともに法律に関する研修資料の作成や情報提供を行っています。

3. 内部通報制度(オリコ・ヘルプライン)

オリコおよびオリコグループ会社の全社員を対象に、不正、違法、反倫理的な行為等に関する通報・相談窓口として、「オリコ・ヘルプライン」を社内および社外に設置しています。
事務局ではヘルプライン携帯カードやポスター、利用ガイド等を作成し、連絡先・通報手段・通報の対象(不正・手続手反・情報漏えい・ハラスメント・癒着防止等)等の周知を図っています。
通報者は通報したことを理由に不利益な扱いを受けることはありません。また匿名の通報も受付けています。

オリコ・ヘルプライン

取り組み

コンプライアンス意識の醸成

癒着防止

オリコグループでは、「接待・贈答に関する実施手続」を定め、不正や癒着等の未然防止を図り、健全な取引関係の維持に努めています。接待・贈答の実施に際しては手続に則り実施することとし、手続に違反する行為があった場合には、速やかに是正措置を講じるとともに、違反行為に対しては厳正に対処することとしています。
また、コンプライアンス統括部は、当手続の運用状況を確認し、コンプライアンス委員会、経営会議、取締役会への報告を行っています。

教育・研修

階層別、職位別に行われる集合研修プログラムには、常にコンプライアンス研修の時間を組込んでおり、全社的なコンプライアンスの浸透、定着に向けて継続的な社員教育に取り組んでいます。

  1. コンプライアンス・トップセミナー

    コンプライアンスの浸透、定着を進めていくには、経営トップ層の理解と強いリーダーシップが必要です。オリコグループではオリコの役員をはじめとする幹部社員ならびにグループ会社の役員を対象に『コンプライアンス トップセミナー』を開催しています。
    トップセミナーには、弁護士やコンプライアンス・CSR(企業の社会的責任)の専門家を講師としてお招きし、コンプライアンス経営に関する講演をいただいています。

  2. オリコード研修

    過去に発生した違反事象の発生原因を分析し、再発防止等に必要となる日ごろからの取り組み姿勢等を共有し、オリコード違反を起こさない「風通しの良い職場づくり」に向けた職場内研修を全社で実施しています。

社内浸透

  1. コンプライアンス・ガイドブック

    コンプライアンスを実践するために必要となる「取り組み姿勢・スタンス」や、全社員が知っておくべき「初動対応」および「オリコグループで働く私たちに必要なこと」を分かり易く明示し、社員が自主的に学習できる研修ツールとして、「コンプライアンス・ガイドブック」を作成、オリコグループで働く全社員に配布し職場における研修等に活用しています。

  2. コンプライアンスDVD

    コンプライアンスDVDは入社時研修や職場における業務研修用の教材として、オリコグループにおけるコンプライアンスの浸透、定着に役立てています。

    • 個人情報編
    • 入金案内編
    • オリコード編

各種資格取得の推進

コンプライアンスを実践するための基礎となる各種資格の取得を推進しています。

  • 個人情報取扱主任者
  • 貸金業務取扱主任者
  • コンプライアンス・オフィサー