サステナビリティ

ホーム>サステナビリティ>コンプライアンス

コンプライアンス

コンプライアンスに関する基本的な考え方

オリコグループは、ステークホルダーの皆さまから信頼いただける企業をめざして、全役職員がより高い倫理観をもって業務にとの組むための行動規準(オリコード)を制定し、公正な企業活動の推進に努めています。私たちの企業活動はお客さまや社会の信頼の上に成り立っており、その信頼は当社の事業基盤そのものだと考えています。

オリコグループにおけるコンプライアンスの定義

「コンプライアンス」という言葉は、一般的には法律を守ること、いわゆる「法令遵守」と訳されることも多いのですが、オリコグループでは法令遵守にとどまらず、社内の規定や規則はもとより、倫理などの社会的規範の遵守までを含めた広い意味で用いています。

行動規準「The Orico Group Code(オリコード)」

わたしたちオリコグループはコンプライアンス(法令や倫理等の遵守)を経営の最重要課題の一つと位置付け、2000年10月にオリコグループの全役員、全社員が守るべき行動規準として「The Orico Group Code(オリコード)」を制定いたしました。

このオリコードでは、オリコグループのコンプライアンスに対する考え方を示すとともに、企業として、社員として、そして市民として守るべきことを明文化しています。

わたしたちは、誠実で公正な企業活動を通じて社会に貢献していくためにオリコードの実践とコンプライアンスの徹底に取り組んでまいります。

「オリコード」の構成

オリコグループの行動規準「The Orico Group Code(オリコード)」は、4つのカテゴリーで構成されています。

カテゴリー内の項目ごとに「会社としての取り組み姿勢」と「社員としての取り組み姿勢」を掲載しています。

行動規準の理解をより深めるため、すべての項目に具体的な「事例と解説」を付けています。

体制

コンプライアンス体制

取り組み

コンプライアンス意識の醸成

癒着防止

オリコグループでは、「接待・贈答に関する実施手続」を定め、不正や癒着等の未然防止を図り、健全な取引関係の維持に努めています。接待・贈答の実施に際しては手続に則り実施することとし、手続に違反する行為があった場合には、速やかに是正措置を講じるとともに、違反行為に対しては厳正に対処することとしています。

また、コンプライアンス統括部は、当手続の運用状況を確認し、コンプライアンス委員会、経営会議、取締役会への報告を行っています。

教育・研修

階層別、職位別に行われる集合研修プログラムには、常にコンプライアンス研修の時間を組込んでおり、全社的なコンプライアンスの浸透、定着に向けて継続的な社員教育に取り組んでいます。

社内浸透

各種資格取得の推進

コンプライアンスを実践するための基礎となる各種資格の取得を推進しています。

サステナビリティ ESGデータ

サイトマップ

震災復興支援サイト かせするもん。