ご請求額や
ポイントの確認は
アプリが便利!

詳しくはこちら

紛失・盗難保障における手続きの流れ

クレジットカードの紛失・盗難には要注意!

「あれ?お財布に入れていたはずのクレジットカードがない!」
想像するだけでゾッとしてしまいますよね。どこかで落としてしまったのか?盗難の被害に遭ってしまったのか?きっと焦ってしまうはず。しかし、万が一クレジットカードを紛失してしまったとしても大丈夫。なぜならクレジットカードには紛失・盗難の際に保障してくれるサービスが付帯しているからです。

オリコの紛失・盗難保障について

オリコの紛失・盗難保障制度では、万一、紛失・盗難に遭われてカードの不正使用を被った場合、お届けいただいた60日前にさかのぼり、それ以降に不正使用された損害をオリコが負担いたします。

  • ローン専用カードは対象外となります。
  • 会員さまの重大な過失が原因で発生した損害などについては、補填できない場合があります。

カードをなくしたら…

紛失・盗難受付ダイヤルまですぐにご連絡ください。同時に、最寄りの警察署や交番へお届けください。なお、紛失・盗難のお届けをされた場合は、本人会員・家族カード会員のいずれも無効となり、ご利用になれませんのでご注意ください。

お申込み・お問合せ

お電話から

紛失・盗難受付ダイヤル
国内でのカード紛失盗難

0120-828-013(24時間 年中無休)

  • 携帯電話からは0570-080-848(有料)
  • 海外での紛失盗難は81(国コード)-11-700-2952へご連絡ください。

紛失・盗難の際には慌てずに行動してください

もしお使いのクレジットカードを紛失してしまったり、盗難の被害に遭ってしまったりした場合には次の手順で進めてください。

  1. クレジットカード会社に連絡

    紛失・盗難に気づいたら迅速にクレジットカード会社に連絡してクレジットカードの利用を停止してもらってください。このタイミングが遅れると不正利用されてしまう可能性があるので、何よりもクレジットカード会社への連絡を最優先しましょう。クレジットカード会社に連絡したら、本人確認が必要になります。氏名や生年月日、住所、電話番号などをお伝えください。

  2. 警察に紛失届を提出

    次は警察に紛失届を提出する必要があります。カード会社へ連絡した時点でクレジットカードの利用は停止されますので、安心してください。ただし、すでに、不正利用をされてしまっている場合にはクレジットカード会社から補償してもらうことになります。その際には、警察への届出が必要になるので忘れないようにしましょう。警察署に紛失届を提出する際には、氏名や住所、電話番号などの個人情報に加えて、紛失の日時や紛失の場所などをわかる範囲で伝える必要があります。

  3. クレジットカード会社に届出番号を伝える

    警察で紛失届が受理されると、届出番号をもらえます。ここで受け取る番号が警察に届け出を提出した証明になります。警察へ問合せする際の確認番号にもなりますし、クレジットカード会社に伝える必要もありますので忘れないように控えてください。

  4. クレジットカード再発行の手続きをする

    クレジットカード会社に再発行の依頼について連絡をしましょう。手続きに必要な書類がクレジットカード会社から届きます。必要事項を記載したうえで書類を返送すれば、カード再発行の手続きが始まります。再発行の日数や手数料はクレジットカード会社によって異なります。

以上がクレジットカードを紛失・盗難の際の対応方法です。焦らずに冷静におこなってください。