ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

LOVE THE EARTHカードの寄付について

LOVE THE EARTHカードのご利用により付与されるポイントは、以下の寄付先団体に寄付されます。みなさまよりお預かりしました寄付(ポイント)については、1ポイントを1円として、団体に寄付し、団体の地球環境保護・保全活動に役立てられます。

寄付先団体

WWFジャパン

団体名称

WWFジャパン

団体概要

WWFは100カ国以上で活動している環境保全団体で、1961年にスイスで設立されました。人と自然が調和して生きられる未来をめざして、サステナブルな社会の実現を推し進めています。特に、失われつつある生物多様性の豊かさの回復や、地球温暖化防止のための脱炭素社会の実現に向けた活動を行なっています。ぜひWWFをご支援ください。

©Shutterstock / Soonthorn Wongsaita / WWF

活動内容

「急激に失われつつある生物多様性の豊かさの回復」と「地球温暖化防止のための脱炭素社会の実現」を2つの柱として、次のような活動をしています。

地球温暖化を防ぐ

温暖化の影響を最小限にとどめるために、WWFは専門家集団としてさまざまな影響調査報告や温暖化対策を発表するとともに、世界的なネットワークを活かして各国政府や産業界に働きかけています。

持続可能(サステナブル)な社会を創る

いつまでも安心して魚が食べられる、木材が使える、そんな暮らしにするために、WWFは自然資源を枯渇させることなく利用し続けられるような社会の仕組みづくりに取り組んでいます。

野生生物を守る

密猟や生息地の破壊などによって追い詰められていく生物を絶滅から救うために、WWFは長い経験と国際的なネットワークを活かし、さまざまな保護プロジェクトを行っています。

森や海を守る

生物が生きてゆくためには、自然環境そのものを守らなければなりません。WWFは世界中で優先的に保護すべき生態系を科学的に見極め、その保全のために様々な活動を展開しています。

©Ola Jennersten / WWF-Sweden
©Cat Holloway / WWF

団体からのメッセージ

人と自然が共存できる「サステナブル(持続可能)」な社会の実現のために、ご支援をお願い致します。

  • WWF® and ©1986 Panda Symbol are owned by WWF. All rights reserved.

WWFジャパンについて別ウィンドウで開きます

一般社団法人 モア・トゥリーズ

団体名称

一般社団法人 モア・トゥリーズ

団体概要

more trees(モア・トゥリーズ)とは、文字通り、「もっと木を」という呼びかけで始められた地球規模の森づくりのプロジェクトで、音楽家の坂本龍一氏を代表とし、細野晴臣氏、高橋幸広氏、中沢新一氏、桑原茂一氏らが発起人として名を連ね、その呼びかけに賛同した世界各国の100人以上の人々によって設立されました。

活動内容

地球規模で深刻な森林破壊が進む中、森づくりによって、私たちが排出するCO2を吸収する「カーボンオフセット」の普及に努めるほか、森の持つ保水力や生物多様性や水源涵養といった多面的な機能の回復にも努めています。
高知、北海道などで間伐のプロジェクトを進めるほか、フィリピンでは植林に取り組むなど、国内外でプロジェクトを広げています。

  • カーボンオフセット:人間活動によって排出されるCO2(二酸化炭素)を、植林や自然エネルギーを導入することでオフセット(相殺)すること。

団体からのメッセージ

~「もっと木を」~日本の森林整備のほか、熱帯林の再生保全、砂漠の緑化、マングローブの植林と、世界各地での森づくりを推進しています。

一般社団法人 モア・トゥリーズについて別ウィンドウで開きます

国際青年環境NGO A SEED JAPAN

団体名称

国際青年環境NGO A SEED JAPAN

団体概要

A SEED JAPAN(Action for Solidarity, Equality, Environment and Development/青年による環境と開発と協力と平等のための国際行動)は、1991年に設立された日本の青年による国際環境NGO(非政府・非営利組織)です。青年の立場から国境を越えた環境の保全、人権・平和、等の問題とその中に含まれる社会的不公正に着目し、より持続可能で公正な社会を目指しています。

活動内容

ごみ問題、地球温暖化・自然エネルギー、生物多様性、食と農、環境と金融、報道機関の社会的責任などについてボランティアメンバーの想いを中心に、活動しています。ごみゼロナビゲーション活動はFUJI ROCK FESTIVALやap bank fesなど野外音楽フェスティバルで、「ボランティアがごみを拾う」のではなく「来場者参加型」のしくみをつくり、年間約2,000人のボランティアをコーディネートしています。また、LIVE ECO プロジェクトは全国の約130店舗のライブハウスとそれ以外の分野40件、合わせて170の空間に、紙コップではないリユースカップの導入を実現しました。

団体からのメッセージ

「一人が動く。社会は変わる。More Action、More Change!」自分たちの未来は、自分たちで変えていきましょう。A SEED JAPANメールマガジンは最初の一歩を踏み出すキッカケがいっぱいです。ぜひご登録ください。

国際青年環境NGO A SEED JAPANについて別ウィンドウで開きます

寄付の仕組み

LOVE THE EARTHカードのポイントによる寄付の仕組みは以下のとおりです。
カードショッピングご利用金額に対して付与されるポイントが地球環境保護、保全活動を行なう当社指定の団体に寄付されます。
例えば20,000円のカードショッピングご利用で、100円が寄付されます。

ポイントのつき方
LOVE THE EARTHカードでカードショッピングをご利用いただきますと、返済回数に関わりなく、ご利用金額に応じたポイントが付与されます。
寄付されるポイントの確認方法
寄付されるポイントは、「ご利用代金明細書」にてご確認いただけます。
ポイントの単位
カードショッピングご利用金額200円につき1ポイント。
ポイントの寄付

寄付は1ポイントから自動的に行なわれます。(ポイントは寄付のみに使用され、応募・申請は不要です。)

  • 1ポイントは1円換算となります。
寄付の方法
当社にてポイントを取りまとめ、円換算のうえ、原則として1年間に2回当社指定の団体に寄付を行います。
(毎年4月、10月)

注意事項

  • 本カードのポイントは、オリコのポイントサービス「暮らスマイル」「オリコポイント」のポイントとは異なります。
  • キャッシングのご利用分、分割払い手数料、諸費用および「Edyチャージ」、「nanacoチャージ」、「オリコプリペイドカードチャージ」ご利用分はポイントの対象となりません。
  • 分割払い、ボーナス一括払い、リボ払いご利用分のポイントは、「ご利用代金明細書」に最初に表示された月に付与されます。
  • 当社指定の団体が複数の場合、寄付額は原則として均等に分割したうえで寄付いたします。
  • 寄付金額の指定または、寄付の拒否および寄付先となる団体の指定をすることはできません。
  • 本カードのポイントをオリコのポイントサービス「暮らスマイル」「オリコポイント」のポイントとして利用することはできません。
  • ポイントの寄付に関して、寄付先団体及び当社から「寄付を証明する領収書」の発行はできません。

予告なく、本カードのポイントの仕組みや寄付先団体が変更になることがあります。あらかじめご了承ください。