サステナビリティ

妊娠・育児・介護に関する各種制度

すべての社員が仕事と育児、介護などを両立しながら働き続けることができるよう各種制度の充実を進めています。
組織においては、「相互サポート(お互いさま)」の精神で、皆が気持ちよく働き、力を発揮できるための取組みを目指しています。

妊娠・育児に関する各種制度

妊産婦への健康管理措置 産前産後休暇 慶弔休暇(2日)(配偶者の出産に対して) 育児休業 勤務時間に関する措置(短時間勤務) 育児時間の取得(1日2回各30分の育児時間を取得できる) 所定外勤務の制限 時間外勤務の制限 深夜勤務の免除 子のための看護休暇
対象期間 制度概要
妊産婦への健康管理措置 妊娠中または産後1年以内 保健指導・健診のために遅刻・早退・休憩・休暇が利用できる。また、通勤緩和のため、交通手段や通勤経路の変更・最大1時間の始終業時間の繰上げ、繰下げが可能
産前産後休暇 産前6週間(多胎妊娠の場合は14週)および産後8週間 産前・産後の休暇制度
慶弔休暇(2日) 配偶者の出産後の10日以内 配偶者の出産にあたり取得できる特別休暇
育児休業 最長満2歳まで 本人の申請により、子が1歳に達するまで取得できる。
保育所へ入所できない等の事情がある場合は最長満2歳まで延長が可能
  • 出生後8週間以内に取得の場合、5日間は有給
短時間勤務 子が小学校3年生まで 所定労働時間を最短5時間30分に短縮が可能
育児時間 子が1歳になるまで 1日2回各30分の育児時間の取得が可能
所定外勤務の制限 子が小学校6年生まで 所定外勤務(残業)の制限が可能
時間外勤務の制限 子が小学校6年生まで 時間外勤務を月20時間、年120時間に制限が可能
深夜勤務の免除 子が小学校6年生まで 深夜勤務の免除が可能
子のための看護休暇 子が小学校6年生まで 子の看護のために、子が1人なら年5日間、2人以上なら年10日間を限度として1日を4分割した単位で休暇の取得が可能

育児休業取得推進

すべての社員が仕事と育児を両立できるよう育児関連制度の整備・啓発を行っています。女性の育児休業・短時間勤務制度利用推進はもちろん、男性の育児休業についても取得を積極的に推進しており、育児休業取得率100%をめざしております。

産前・産後休暇前面談/復職前面談

産前・産後休暇前や復職前に上司と面談し、職場復帰に対する不安の払拭や、復帰後の働き方や仕事と家庭(育児)の両立に対する考え方を共有します。

職場復帰後研修

復帰日から3日程度(1日あたり約2時間程度目安)にわたり研修を実施。スムーズに職場復帰ができるよう、職場内において育児休業者と職場の環境や業務の確認を行います。

社外通信教育の提供

自主的なスキル強化や幅広い知識習得を目的とし、さまざまな通信教育を提供(会社負担)します。

早期復職手当

育児休業から早期復職した場合に、子が1歳6ヶ月に達する月まで最大月額30,000円の手当を支給します。

介護に関する各種制度

オリコでは、仕事と介護を両立する社員のため、働きやすい環境の整備や多彩な支援制度を設けています。また、介護に関して社員の抱える不安や疑問を取り除くため、外部から専門講師を招きセミナーを実施しています。

なお、2017年7月に、仕事と介護を両立できる職場環境の整備に取り組む企業が使用できるシンボルマーク(トモニン)を取得いたしました。

制度 内容
介護休職 対象家族1人につき通算して最長186日間、分割して取得が可能
短時間勤務 利用開始から3年間、1日の所定労働時間を最短5時間30分に短縮が可能
所定時間外勤務の免除 所定外勤務(残業)の制限が可能
時間外勤務の制限 時間外勤務を月24時間、年150時間に制限が可能
深夜勤務の免除 深夜勤務の免除が可能
介護休暇 対象家族が1人なら年5日間、2人以上なら年10日間を限度として1日を4分割した単位で休暇の取得が可能

サイトマップ

震災復興支援サイト かせするもん。