オリエントコーポレーション企業サイト

サステナビリティ

ガバナンスの強化

重視する理由(課題認識)

透明で実効性のあるガバナンスが求められる中、オリコは事業戦略の着実な遂行などを支えるガバナンス体制のさらなる強化に取り組んでいます。また、株主・投資家さま、お客さま、従業員、地域社会などからの信頼をより高めていくとともに、SDGsの達成やESG(環境・社会・ガバナンス)の視点から、グローバルな社会的課題解決に向けて取り組み、持続的な成長による企業価値の向上をめざしています。

SDGsとの関連性

  • 16 平和と公正をすべての人に

経営上の意思決定、執行および監督に係る業務執行組織の概要

※1 当社は、取締役会の諮問機関として取締役、監査役および執行役員の指名並びに報酬等の決定に関する手続の客観性および透明性を高めることを目的とし、過半数が独立社外役員で構成される任意の「指名・報酬委員会」を設置しています。

※2 ALM…Asset Liability Managementの略。資産・負債の両面を総合管理する手法のこと。

コーポレート・ガバナンス

基本的な考え方

オリコは、基本理念などに基づき、目指すべき姿として「真に社会から存在意義を認められ、分割・決済ニーズのあるお客さまに最高の金融サービス・商品を提供することにより、お客さまの豊かな生活と夢の実現に貢献」を掲げ、持続的な成長と中長期的な企業価値の向上を図っています。
このためには、経営の透明性やステークホルダーに対する公正性を確保し、かつ、迅速・果断な意思決定が重要であると考えており、オリコの経営環境を踏まえ、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでいきます。

コーポレート・ガバナンスに関する基本方針

  1. 当社は株主の権利を尊重し株主が適切に権利の行使ができる環境の整備と株主の平等性を確保するための適切な対応を行う
  2. 当社は社会的責任の重要性を認識し、株主以外のステークホルダーとの適切な協働に向けた取組を行う
  3. 当社は財務情報や非財務情報について法令に基づく開示を適切に行うとともに、法令に基づく開示以外の情報提供にも主体的に取り組む
  4. 当社の取締役会は株主に対する受託者責任・説明責任を踏まえ会社の持続的成長と中長期的な企業価値の向上に向けた役割・責務を適切に果たす
  5. 当社は経営戦略および財務・業績状況等に関する情報を適時・適切に開示するとともに、IR活動の充実を図り、株主・投資家等からの信頼と評価を得ることを目指す

全項目のコンプライに向けた取り組み

オリコのコーポレート・ガバナンスに関する状況を記載した「コーポレート・ガバナンスに関する報告書」を東京証券取引所に提出し、同取引所およびオリコのWebサイトに掲載しています。
オリコは、東京証券取引所のコーポレートガバナンス・コード諸原則の全項目をコンプライ(遵守)しています。
引き続き、オリコの持続的な成長と中長期的な企業価値向上に向け、コーポレート・ガバナンスの充実に取り組んでいきます。

取締役会の実効性向上への取り組み

持続的な成長と中長期的な企業価値向上をめざして、オリコは毎年1回、取締役会の実効性に関する自己評価を実施し、その結果を踏まえて問題点の改善や強みの強化などの適切な措置を講じています。
2020年度は、「取締役の知見の活用」「取締役会に提供される情報の質・量」「取締役会の効果的な運営」「取締役会における議論のより一層の活性化」などの観点で全取締役・監査役へのアンケートを実施し、自己評価を行いました。その結果、2021年4月にオリコの取締役会の実効性はおおむね適切に確保されていることを確認しました。
今後も、取締役会がその役割・責務を適切に果たすため、オリコは取締役会のさらなる活性化に向けた取り組みを検討・実施し、より一層の実効性の向上を図っていきたいと考えています。

取締役会の開催実績

コンプライアンス

基本的な考え方

The Orico Group Code オリコード

オリコグループでは、ステークホルダーの皆さまから信頼いただける企業をめざして、全役職員がより高い倫理観をもって業務に取り組むための行動規準「The Orico Group Code(オリコード)」を制定し、公正な企業活動の推進に努めています。また、コンプライアンスを法令遵守にとどまらず、社内の規程や規則はもとより、倫理などの社会的規範を遵守することと定義しています。

コンプライアンス体制

コンプライアンスグループは、コンプライアンス統括部(コンプライアンス推進室、AML室)、法務部で構成され、オリコグループのコンプライアンスの推進、定着を図る中心的役割を担っています。
また、コンプライアンス委員会では、コンプライアンス全般にわたる課題や問題点を検証するとともに、コンプライアンスの浸透、定着を図るための措置などについて幅広く協議、検討をしています。

コンプライアンスの遵守

コンプライアンス意識のさらなる醸成と浸透を図るため、全役職員に対し各種研修を行っています。2020年度は各階層に応じた研修のほか、全社一斉e研修、コンプライアンス・トップセミナーなどを開催しました。
また、オリコグループでは、職場内におけるコンプライアンス関連の通報や相談を受け付ける窓口として、内部通報窓口「オリコ・ヘルプライン」を社内・社外に設置しています。なお、当社は2021年4月9日付けで、消費者庁所管の内部通報制度認証(自己適合宣言登録制度)の登録事業者として登録されました。今後も、内部通報制度を適切に運用することで「オリコ・ヘルプライン」の信頼性をさらに向上させ、コンプライアンス経営の一層の強化を図っていきます。

通報件数の推移

反社会的勢力との関係遮断

オリコグループでは、「反社会的勢力に対する基本方針」を制定し、市民社会の秩序や安全に脅威を与える、暴力団をはじめとする反社会的勢力との一切の関係遮断に取り組んでいます。反社会的勢力に対しては、経営トップ以下、組織全体で対応し、全役職員が断固たる姿勢で取り組んでいます。

マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止

オリコグループでは、マネロン・テロ資金供与防止を経営の重要課題の一つと位置づけ、「マネー・ローンダリングおよびテロ資金供与防止のための基本方針」を定めて社内外に公表しています。
また、全ての役職員は、社内で行われるマネロン・テロ資金供与防止に関する研修などを通じて、知識の習得および意識の醸成に努めています。