ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

インターネットバンキングとは?クレジットカードの引き落としにも使える?

なるほど豆知識 インターネットバンキングとは?クレジットカードの引き落としにも使える?

銀行口座の振込・振替や残高紹介は、銀行の窓口やATMで行うものと考えている方もいるでしょう。しかし、最近では銀行やATMに行かなくてもパソコンやスマートフォンさえあれば、自宅や外出先でも振込や残高照会などが行えます。それを可能にしているのがインターネットバンキングです。ここでは一般的な情報をもとにインターネットバンキングについてご紹介しています。

インターネットバンキングとは?

インターネットバンキングとは、インターネットを介した銀行などの金融取引のサービスのことです。パソコンやスマートフォンを使ってインターネット上で銀行のシステムにログインし、銀行口座の引出・預入、振込・振替を行えます。ちなみに、ネットバンキングやオンラインバンキングという呼び方もありますが、いずれもインターネットバンキングのことを指しているので、ここではインターネットバンキングに統一してご説明していきます。

インターネットバンキングだけを提供する銀行や支店もある

すでに都市銀行や地方銀行で口座を持っていて、インターネット上でのサービスを受けられるよう、手続きをする方も少なくありません。この他にも実店舗を持たず、インターネットバンキングだけをサービスとして提供している「インターネット支店」や「インターネット専業銀行」もあります。

店舗のないインターネットバンキングの口座の入出金はどうする?

インターネット専業銀行やインターネット支店の場合、現金の引出や預入をするときにはどうすれば良いのでしょうか。基本的には都市銀行などと同じくコンビニや提携銀行のATMで入出金が可能です。他銀行への送金はインターネット上でもできるようになっています。

インターネットバンキングのメリットは?

01どこにいても残高照会や振込などができる

インターネットバンキングの大きなメリットは、場所にとらわれないことではないでしょうか。インターネットが使える環境なら自宅にいても外出先でも、残高照会や振込・振替、それから定期預金・外貨預金・投資信託の預入や解約ができます。近くに銀行がない、時間がなくて銀行に行けないときには特に便利です。

0224時間手続きができる

時間にとらわれないメリットもあり、インターネットバンキングでは銀行の窓口やATMのように利用時間帯が決まっていません。24時間いつでも利用でき、振込や振替をした際には受取人口座に即時入金されるため、すぐに入金したいときなどには役立ちます。ただし、メンテナンス中には使えませんので、公式サイトやアプリでのメンテナンスのお知らせには注目しておくと良いかもしれません。

03インターネットバンキング経由で納税できる

税金のお支払いは、引き落としのものもあれば、紙の通知が自宅に届き、コンビニなどでお支払いするものもあります。後者の、引き落としでない国税・地方税も、ペイジー(インターネットバンキングや現金自動預け払い機などを経由した決済サービス)を使えば、インターネット上で納税することが可能です。ペイジーは全国的に展開しているものの、一部使えないことがあります。使用可否はペイジー「利用できる金融機関別ウィンドウで開きます」からご確認ください。

インターネットバンキングの注意点とセキュリティ対策

01IDとパスワードを忘れると使えなくなる

インターネット上で取引を行う際には、IDとパスワードを使い、ログインします。この肝心なIDとパスワードを忘れた場合にはたとえ本人でも利用できません。もしお忘れの場合には公式サイトからパスワード再発行の手続きをしてください。
1つ注意すべき点として、IDとパスワードを忘れないようにメモしておくと、それを見れば誰でもログインできてしまいます。そうなると、あなたのお金を不正に、引出されたり他の口座へ送金されたりする可能性があるため、IDとパスワードの管理には特にご注意ください。

02セキュリティ面での心配がある

世の中にはクラッカー(セキュリティ・ハッカー)と言って、インターネット上の情報に悪さをしたり、情報を盗んだりする人がいます。インターネットバンキングの情報を盗めば、口座にあるお金を盗めることから、インターネットバンキングを狙ったサイバー犯罪が増えつつあります。警察庁のサイバー犯罪対策プロジェクトの調査結果によると、2019年11月末時点の調査結果で、インターネットバンキングでの不正送金被害が発生した件数と被害額は2019年8月が発生件数105件、被害額約6,700万円だったのに対し、2019年11月は発生件数573件、被害額約7億7,600円に増加しています。こうした被害に遭わないよう、セキュリティの面では十分に対策していきましょう。
参考:警視庁サイバー犯罪対策プロジェクト「フィッシングによるものとみられるインターネットバンキングに係る不正送金被害の急増について(全銀協等と連携した注意喚起)」別ウィンドウで開きます

セキュリティ対策方法は?

犯罪の手口は多様化しており、日々新しい手口が生まれているのが現状です。下記のような対策を行うことを推奨します。

  • ウイルス対策ソフトを使用する
  • 推測されにくいパスワードを設定する
  • 電子メールでIDとパスワードを聞かれても答えない
  • 不審なサイトで口座情報を入力しない
  • 二要素認証や二段階認を設定する

クレジットカードの引落口座としてインターネットバンキングの口座を設定できる?

クレジットカードを使ってショッピングをした場合、指定した金融機関の口座から引き落としされます。その際にインターネットバンキングの口座を指定できるのでしょうか?
結論からお伝えすると、インターネットバンキングの口座を指定することは可能です。ただ、カード会社によって対応している金融機関が異なるため、それぞれの公式サイトで、どの金融機関ならクレジットカードの引き落としを設定できるか確認してみてください。

オリコのクレジットカードでは、以下のインターネットバンキングの口座で引き落としの設定ができます。

  • PayPay銀行
  • セブン銀行
  • ソニー銀行
  • 楽天銀行
  • 住信SBIネット銀行
  • じぶん銀行
  • イオン銀行
  • 新生銀行
  • あおぞら銀行

その他、オリコカードで口座振替ができる金融機関に関しては、こちらの口座振替取扱金融機関からご確認いただけます。

プリペイドカードのチャージにも使える?

プリペイドカードは、使う前にお金をチャージする必要があります。ただ、お金のチャージ方法は現金に限らずいくつかの方法があります。オリコのプリペイドカードの場合、チャージする方法は全部で5つあり、インターネットバンキングを使ってチャージすることも可能です。

  • インターネットバンキングを利用したチャージ
  • クレジットカードからのチャージ
  • コンビニエンスストアで現金支払いによるチャージ
  • 銀行振込によるチャージ
  • オリコポイントの交換によるチャージ

詳しくは「オリコのプリペイドカードにチャージする方法」をご参照ください。

  • クレジットカードからのチャージはオリコ発行のクレジットカードに限ります。

場所にとらわれずリアルタイムで振込や残高確認ができるなど、数々の魅力を持つインターネットバンキング。ただし、利用の際にはセキュリティ面などで注意すべき点があります。もしインターネットバンキングで口座を持つのであれば入念にセキュリティ対策をし、注意しながら活用していきましょう。

支払方法の豆知識をもっと見る

おすすめのクレジットカード