ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

キャッシュレス決済とは?種類や自分に合う選び方を紹介

なるほど豆知識 キャッシュレス決済とは?種類や自分に合う選び方を紹介

最近日本でも広がりを見せるキャッシュレス決済ですが、その方法も多様化しています。財布から現金を出したり、お釣りを受け取ったりする手間がなく、レジで端末機に通すだけでスムーズに決済ができ、利用するほどポイントが還元されるメリットがあります。今後ますます広がるキャッシュレス化に伴うメリットや注意すべき点について紹介します。

キャッシュレス決済とは

キャッシュレス決済とは、現金(キャッシュ)を使わずにモノやサービスの料金を支払う方法のことです。身近な例でいうと、クレジットカードや電子マネーなどがあり、最近よく耳にするQRコード決済もキャッシュレス決済の一つになります。このようにキャッシュレスでの支払方法が多様化していますが、この背景には国を挙げた取り組みがあります。経済産業省では、大阪・関西万博が開催される2025年までに紙幣や硬貨を使用しないキャッシュレス決済の使用率を40%まで引き上げる「キャッシュレス・ビジョン」を策定しています。また、さらに将来的には、世界最高水準の80%を目指していくとしています。

参考:経済産業省「「キャッシュレス・ビジョン」「クレジットカードデータ利用に係るAPIガイドライン」を策定別ウィンドウで開きます

キャッシュレス決済の主な種類と特徴

キャッシュレス決済の主な種類と特徴について紹介します。

クレジットカード

キャッシュレス決済の中でも、最も多く利用されているのが「クレジットカード」です。クレジットカードで決済した金額が、翌月に指定した銀行口座より引き落とされるシステムで、支払方法は、一括払い、分割払い、ボーナス払い、リボルビング払いなどカード利用者の都合に合わせて自由に選べるのが特徴です。また、利用金額に合わせてポイントが還元されることも多く、たまったポイントで自分が欲しい商品と交換したり、人気の通販サイトでポイントを使って買い物をしたり、楽しめるメリットがあります。

電子マネー

電子マネーとは、現金の代わりに使える電子化されたお金のことをいいます。電子マネーを記録したカードを使って決済する方法もあれば、スマートフォンの中に電子マネーを収め、スマートフォンを通じて決済するタイプもあります。また、電子マネーには実際にお金を支払うタイミングによって種類が分類され、事前に使う金額をチャージする「プリペイド型」、クレジットカードと紐付けて決済する後払いの「ポストペイ型」、使えばすぐに銀行口座から引き落とされる即時払いの「デビット型」の3種類があります。

オリコの電子マネー

QRコード決済

昨今増えてきているのがQRコード決済です。スマートフォンなどの端末を通じて、決済用のQRコードに記録された、店舗情報、支払情報を読み取って支払いが自動的に行われる仕組みになっています。

キャッシュレス決済を使用する4つのメリット

支出の管理がしやすい

現金の場合、いつ、どこで、何に使ったのか、利用状況を管理するには、レシートを1枚ずつ確認する手間がかかります。一方、キャッシュレス決済は、クレジットカードであればカード会社の会員サイト、QRコード決済であれば利用しているアプリ内で利用履歴も残るので後からすぐにまとめてかんたんに確認できます。毎日の支出を管理したい人には大変便利な方法です。

スムーズに会計を済ませることができる

現金での支払う場合のカバンから財布を取り出す、小銭を数える、お釣りを受け取るなどの行為が省略できるので、会計をスムーズに済ませることができます。また、ATMの利用回数も減り手間や手数料の節約になります。

現金ではなく衛生的

不特定多数の人が触っている現金の出し入れやお釣りの受け渡しの必要がなく、自分で管理しているスマートフォンやカードでの決済のため衛生面が気になる方にもおすすめです。最近では、クレジットカードの支払いも店員さんが直接カードに触れずに利用者自身で操作できる決済端末も増えています。

ポイントが還元される

クレジットカード会社やサービスにより、キャッシュレス決済を利用すると、購入金額の数パーセントがポイントとして還元されるメリットがあります。たまったポイントは別の支払い時に利用できたり、他の商品やポイントへ交換できたりするので、現金での支払いよりもお得に買い物ができます

オリコカードのポイントサービスについて

紛失や盗難にあっても補償がつく

クレジットカードには、紛失や盗難によって、第三者に不正利用された場合の損害を補償するサービスがあります。万が一のために、利用している、もしくは、利用を検討しているクレジットカードの保障を確認しましょう。

オリコの紛失・盗難保障について

キャッシュレス決済を使用する3つのデメリット

お金を使っている感覚が薄れる

キャッシュレス決済は、手元に現金がなくても支払いができるので、お金を使っている感覚が薄くなりがちです。何にいくら使うのか計画的に利用すれば、節約や家計管理にも役に立ちます。しかし、現金なしでも支払いが可能だからと使い過ぎると、家計の収支バランスが崩れるおそれがあります。利用する際には、利用履歴をこまめに確認して計画的な利用をする、予め利用額を決めておくなどの工夫が必要です。

使える店舗が限られる

キャッシュレス化が進んでいるとはいえ、利用できるのはサービスを導入した店舗だけに限られています。また、キャッシュレス決済にも種類が複数あり、全て対応が可能であるとは限らず、自分が利用するキャッシュレス決済の手段と、店舗が対応する決済手段が一致しない場合もあります。支払いする前に、利用できるキャッシュレス決済を予め店舗に確認しておくか、できない場合も想定して、ある程度の現金も用意しておくと安心です。

災害や機器のトラブルに弱い

キャッシュレス決済は、通信機器を通じて決済するため、地震などの災害によって、通信網や電気系統に何らかのトラブルが生じた場合に使えなくなる可能性があります。店舗のレジや、キャッシュレス決済用の機器が故障したときも同様です。また、スマートフォンの決済を利用している人は、スマートフォンの充電が切れてしまうと使用できないので、バッテリーの残量にも注意しなければなりません。一方で現金であれば、仮にレジが故障しても決済可能ですので、災害時のことも想定し、普段はキャッシュレス決済をメインとしていてもいくらか現金も持っておくと良いでしょう。

キャッシュレス決済はどれがいいの?

キャッシュレス決済にはたくさんの種類があります。どれを選んだら良いのか迷ったら、以下の3つのポイントに絞って自分に一番相応しい方法を選んでください。

キャッシュレス決済の選ぶ3つのポイント
  • ポイントの還元率
  • ポイントの使いやすさ
  • 店舗での利用のしやすさ

ポイントの還元率

ポイントの還元率とは、キャッシュレス決済したときの利用金額に対して還元させるポイントの割合のことです。支払金額が同じでも、還元させるポイントはそれぞれ違います。たまったポイントは別の支払いで利用したり、欲しい商品と交換したりできるので、少しでもポイントをためたいなら、ポイント還元率が高いものを選びましょう。

ポイントの使いやすさ

ためたポイントは商品と交換するだけでなく、各サービスが提携している通販サイトで使えるギフト券やギフトコード(電子ギフト券)と交換することができます。サービスにより、ポイントを支払金額として使用したり、他のサービスにポイントを移行したりすることができ、使用方法は多岐に渡ります。

店舗での利用のしやすさ

キャッシュレス決済も、種類によって決済手順が違います。例えば、交通系の電子マネーのSuica(スイカ)なら、店舗のレジで「Suicaでお願いします」といえば、決済機器にSuicaをかざすだけで支払いが完了します。QRコード決済では、バーコードの読み取り画面を表示させて決済する手順になります。このように種類によって、決済の手順も異なりますので、自分が興味を持っているキャッシュレス決済が、どんな手順で決済するのかを確認し、スムーズにできるものを選ぶのがおすすめです。

おすすめのクレジットカード「Orico Card THE POINT」

「Orico Card THE POINT」は年会費は無料で、通常のポイント還元が1%、入会後6ヵ月間は特別加算の1%が加わり2%の還元率となります。また、ポイントの交換先が豊富でリアルタイムに交換できるものもあります。電子マネーはiDとQUICPayがダブルで搭載されております。

  • 入会後6ヵ月間の特別加算ポイントは期間中最大5,000オリコポイントとなります。

今後ますます広がりを見せるキャッシュレス決済ですが、その方法も多様化しているため、どの方法を選んだら良いのか迷うことでしょう。そのようなときは、今回紹介した、キャッシュレス決済の方法の種類や特徴、選び方を吟味して自分にとって一番使いやすい方法を選びましょう。

支払方法の豆知識をもっと見る

おすすめのクレジットカード