ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

リボ払いの手数料率と手数料はどのくらい?

なるほど豆知識 リボ払いの手数料率と手数料はどのくらい?

記事公開日:2020年2月13日
最終更新日:2022年3月3日

リボルビング払い(リボ払い)は、クレジットカードのご利用残高にかかわらず毎月ほぼ一定の金額でお支払いができる一方、ご利用残高に応じて手数料がかかります。使用しているクレジットカードの手数料率はいくらで、手数料はどのくらい支払う必要があるのかをしっかりと知っておくことがリボ払いを利用する上で大切です。リボ払いの手数料の仕組みや計算方法について理解しておきましょう。なお、本コラムでは基本的にショッピング利用分のリボ払いについてを記載しています。

「手数料」「手数料率」とは

クレジットカードのショッピング利用分をリボ払いや分割払いで支払い場合には「手数料」が発生します。「手数料」はクレジットカード会社や利用するクレジットカードごとに利率が決められており「手数料率」といいます。

似たような用語で「金利(貸付の利率)」「利息」といった言葉を聞いたことがある方もいるかもしれませんが、こちらはキャッシングやローンなどお金を借りる場合に用いられるものです。

そのためリボ払いの場合、本コラムで紹介する「ショッピングリボ払い」では「手数料」「手数料率」を使いますが、「キャッシングリボ払い」では「金利(貸付の利率)」「利息」を用います。

ショッピングリボ払いの手数料率はどのくらい?

現在、使用中のクレジットカードの種類によっても異なりますが、リボ払いの一般的な手数料率は実質年率15%で、実質年率とは1年間、借入期間が継続するときの比率のことです。日利計算となるため、支払期間によって手数料が異なります。

リボ払いの手数料の仕組み

リボ払いの手数料は、ご利用残高の金額によって決まります。つまり、ご利用残高がある限りお支払いは続く仕組みとなっています。月々のクレジットカードのご利用残高に関わらず、毎月のお支払金額をほぼ一定にできる利便性があるものの、リボ払いを使い続けるとご利用残高の増加や、お支払期間の長期化にもつながります。リボ払いを利用する際は、現在のご利用残高を確認し、手数料がいくらかかるのかを確認しましょう。
オリコのクレジットカードの手数料率やお支払計算例については、「リボルビング払いの毎月のご返済金額(弁済金)と手数料率」のページをご確認ください。

オリコでは、リボ払いの回数やお支払総額を算出できるシミュレーションをご用意しています。ご利用金額や毎月の返済金額を入力していただくだけで、お支払いの合計回数や終了予定月などを簡単に計算できる仕組みです。リボ払いでお支払いの際は、シミュレーションを合わせてご利用ください。リボ払いであっても分割払いと同じく、お支払回数や返済総額を把握しやすくなります。

また、オリコではあとからリボ払いに変更できるサービス「あとリボ」を提供しています。1回・2回払い(ボーナス含む)を選択していた場合でも「あとリボ」を利用することが可能です。こちらも合わせてご活用ください。

あとからリボでお買い物も安心! あとリボ:お店やインターネットでお買い物をしたあとからリボ払いに変更できます。

リボ払いの手数料を減らす方法

月々のお支払金額を増額する

月々のお支払金額を増やすことでも手数料の総額を減らすことができます。前述の通り、リボ払いの手数料は、ご利用残高に応じて決定します。月々のお支払金額が増えればその分ご利用残高が減るのが早くなりますので、手数料を減らすことにつながります。
お支払金額の変更を行うには、顧客自身では変更できない場合もあるため各カード会社の変更方法を確認し、必要であればコールセンター等に問合せをして手続きを行いましょう。

リボ払いの手数料率の仕組みとはご理解頂けましたでしょうか。リボ払いを利用するときは、現在のご利用残高や手数料率をチェックし毎月のお支払金額を把握しておくこと、余裕があるときは、支払金額の増額を行うなど、計画的な利用を心掛けましょう。なお、本コラムではショッピング利用のリボ払いの手数料率や手数料について説明をしてきましたがリボ払いについて詳しく知りたい方は以下のコラムもご覧ください。

実施中の本コラムに関連するキャンペーン

リボ払いの豆知識をもっと見る

人気の豆知識

おすすめのクレジットカード