ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

リボ払いとは?どんな仕組みなの?

リボ払いとは?どんな仕組みなの?

リボ払いとは、リボルビング払いの略称で、クレジットカードの利用金額や利用件数にかかわらず、毎月ほぼ定額で支払う方法のことです。リボ払いを指定した場合、毎月の支払金額がほぼ定額になるため、支出管理がしやすくなります。今すぐに商品を購入したいけれど、直近で月々の支払金額は増やしたくないという場合は、リボ払いが強い味方になるでしょう。

リボ払い以外にどのようなお支払方法がある?

クレジットカード払いをする場合、店舗やショッピングサイトに対してクレジットカード会社は、購入代金を立替払いします。その後、ご利用者はクレジットカード会社に対して購入代金のお支払いをします。このクレジットカード会社へのお支払方法の1つとしてリボ払いがあります。

お支払方法はリボ払いの他にも、1回払いと分割払い、ボーナス払い、スキップ払いなどがあります。1回払いの場合には、クレジットカード会社ごとに設定している引落日に、ご利用金額を一括で支払います。ご利用日の翌月、もしくは翌々月にお支払いとなります。また、利用した分の金額をクレジットカード会社にお支払いするときに、複数回(数ヵ月)に分ける方法が分割払いです。

リボ払いと分割払いの違いとは?

複数回(数ヵ月)に分けてお支払いする点は、リボ払いも分割払いも共通しています。違いとしては、毎月の支払金額と、支払回数(支払期間)が挙げられます。分割払いがお支払回数を軸に毎月のお支払金額を決めるのに対して、リボ払いは毎月のお支払金額を軸に、お支払回数を決める方法と考えると分かりやすいでしょう。

リボ払い

毎月のお支払金額 お支払回数 メリット デメリット
毎月ほぼ一定の金額 ご利用残高によって変動 使いすぎた場合もお支払金額をほぼ一定にできるので安心 ご利用残高によって支払期間が変動する

分割払い

毎月のお支払金額 お支払回数 メリット デメリット
ご利用金額とお支払回数によって変動する お会計時にお支払回数を指定 いつまでに支払うかを決められるので、お支払計画が立てやすい 月々のお支払金額を自由に設定できない

クレジットカードのご利用分を、複数回に分けてお支払いできる「リボ払い」と「分割払い」。上記のような特徴があり、それぞれにメリット・デメリットがあります。こうしたお支払方法の特徴を知り、選択肢を広げておくことで、賢く、上手にお支払いができるようになるでしょう。

リボ払いを利用する方法は?どうやって使うの?

リボ払いを利用するには4種類の方法があります。併せてオリコのリボ払いについてもご紹介します。

お会計を済ませた後にリボ払いに変更できる「あとリボ」

店舗やショッピングサイトで商品を一括払いで購入したが、思ったよりも出費が多く、その月の支払いを少し抑えたい場合など、そうしたときに役立つのがあとからリボ払いへ変更する方法です。

オリコカードには「あとリボ」というお支払い方法変更サービスがあり、クレジットカード払いの利用が重なって、思った以上にお支払金額がかさんでしまった場合には、「あとリボ」を利用してお支払金額の調整も検討してみてはいかがでしょうか。

オリコカードのリボ払い専用のクレジットカードには何がある?

オリコでは、リボ払い専用のクレジットカードもご用意しております。その中でも、年会費無料でお使いいただける、おすすめのクレジットカードを一部ご紹介します。

リボ払いにした場合のクレジットカード会社への支払方法は?

クレジットカードを使ってお会計をすると、その後クレジットカード会社にご利用金額をお支払いすることになります。リボ払いを指定した場合、お支払方法は2種類あります。具体的にはクレジットカードのご利用残高で支払金額を決める「残高スライド方式」と、ご利用残高にかかわらず一定の支払金額となる「定額方式」です。

残高スライド方式

残高スライド方式とは、ご利用残高によって毎月の支払金額が変動する方式です。例えば、ご利用残高が30万円以下であれば支払金額は3万円、20万円以下であれば支払金額は2万円というように、残高が減るにつれ毎月の支払金額も減ります。一方、ご利用残高が20万円以下で毎月2万円の支払いであったものが、ある月に大きな買い物をしてご利用残高が20万円を超え30万円以下となった場合には、支払金額は3万円に増加します。

残高スライド方式のお支払い例

定額方式

定額方式は、ご利用残高が増えた場合でも、毎月の支払金額を一定にする方式です。ある月に大きな買い物をしてご利用残高が増えても、支払金額は変わらず同じ金額のままとなります。毎月の支払金額の最低金額はクレジットカード会社により異なるため、事前に確認をしましょう。ただし、支払金額を低く設定し過ぎると、ご利用残高が減るペースが遅くなり、支払期間が長期化するため注意が必要です。

リボ払いは、ショッピングご利用分にもキャッシングご利用分にも使える?

ショッピングで利用する際にも、キャッシングで利用する際にも、お支払方法としてリボ払いを設定することができます。ここまでお伝えしてきた内容は、ショッピングご利用時を想定しています。店舗やショッピングサイトでお買い物をした場合のリボ払いを、「ショッピングリボ払い」と呼んでいます。それに対して、「キャッシングリボ払い」は、キャッシングのご返済をショッピングリボ払いと同じ仕組みで行う方法です。

ショッピングでのご利用は馴染みがある方も多くイメージしやすい一方で、キャッシングリボ払いは想像しづらい方もいるでしょう。

キャッシングリボ払いとは

そもそもキャッシングとは、クレジットカードやカードローンを使ってお金を借りることです。コンビニや金融機関にあるATMを使うことで現金を借りることができます。また、インターネットや電話での申請で、直接口座にお金を振り込んでもらうことも可能なため、急にお金が必要になった際に役立ちます。このときに借りたお金もリボ払いで支払うことができ、これを「キャッシングリボ払い」といいます。

キャッシングで借りたお金は、分割払いで支払うことができないため、1回払いかリボ払いのどちらかを選ぶことになります。1回払いが難しい場合は、リボ払いを選択することで、ショッピングご利用分のリボ払いと同じく毎月決められたほぼ一定の金額でのお支払いができます。

なお、キャッシングについて知りたい方は以下の記事もご参照ください。

以上のように、リボ払いを利用することで毎月の支払金額を調整し、ほぼ定額にすることができます。また、大きな買い物をし、一括払いが難しいときに便利な支払方法です。リボ払いを利用する際は、随時、ご利用残高の状況を確認し、無理な支払計画とならないように節度ある利用を心がけましょう。

支払方法の豆知識をもっと見る

おすすめのクレジットカード