ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

学生でもキャッシングできるの?

なるほど豆知識 学生でもキャッシングできるの?

学生でもクレジットカードのキャッシング機能を利用することは可能です。もし現金でしか支払いができない出費が急に発生した場合、クレジットカードでは対応できません。そんなときに便利なのがキャッシング。キャッシング機能のあるクレジットカードを持っていれば、全国の銀行やコンビニに設置されたATMから現金を引き出すことができます。

そもそもキャッシングってなに?

キャッシングとは、クレジットカード会社から利用限度額の範囲内でお金を借りられるサービスです。「それって通常のクレジットカード払いと同じでは……?」と思う方もいるでしょう。異なる点としては現金を引き出せるということです。キャッシングは全国の銀行やコンビニのATMでおこなうことが可能です。また、クレジットカード会社に依頼して、指定の口座へ振り込まれる形式もあります。

学生でもキャッシングは可能!

結論からお伝えをすると、学生でもキャッシングは可能です。20歳以上の大学生や専門学校生などであれば利用できます。もし、クレジットカード発行当初にキャッシング枠を設けていなくても、改めてキャッシング利用のために申込むことが可能です。審査が必要となりますので、使いすぎを防ぐために利用限度額を小さめに設定することがおすすめです。

未成年の学生はキャッシングできない?

「未成年の学生でもキャッシングは可能?」と疑問を感じた方もいるでしょう。多くのカード会社では「未成年者保護規定」を定めており、未成年の学生にはキャッシング機能が付いたクレジットカードを提供できないようになっているため、キャッシングを利用することはできません。しかしながら、既婚者で収入が安定してある場合、カード会社から返済における信頼を得ることができれば、未成年であっても審査に通ることがあります。また、その場合のキャッシング枠も5万~10万と少額となります。

学生がキャッシングするメリット

学生がキャッシングするメリットとしては、卒業旅行や留学の際にその資金を確保できる利便性にあります。また、海外でキャッシングを利用する場合、手数料は外貨交換にかかる手数料よりも安く済むことが多いです。外貨交換所によりますが為替手数料が2~3%掛かるとした場合10万円を両替すると2,000~3,000円の手数料が掛かります。しかし10万円を貸付の利率(実質年率)18%でキャッシングする場合、ATM手数料と1日あたり約49円の利息となるため翌月末に返済ができればお得に借りることができます。(※)銀行のATMで土日や時間外にお金をおろす場合も、金額によっては銀行の手数料よりもキャッシングの手数料のほうが安く済むケースがあります。例として、ATMで土日の時間外に現金1万円を下ろすとATM手数料は220円(税込み)かかってしまいますが、キャッシングを利用して1万円を借りた場合ATM手数料が110円(税込)で済みます。

  • 月末日利用、利用翌月27日(弊社約定日)に元金+利息を支払う場合

学生がキャッシングするならコレ!

キャッシングについてはお分かりいただけましたでしょうか。それでは、早速クレジットカードを作ってみましょう。学生の方であれば、年会費はあまりかけたくありませんよね?
そんなあなたには、年会費が無料で、ポイントがためやすいクレジットカードがおすすめです。

Orico Card THE POINT
(オリコカード ザ ポイント)

年会費無料のポイント高還元率カード

  • Orico Card THE POINT
  • Orico Card THE POINT

詳細・お申込み

特長
  • 1
    還元率は常に1.0%以上!100円で1オリコポイントがたまります!
  • 2
    入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ!
  • 3
    年会費は無料!
  • 4
    オリコモールのご利用でさらに0.5%のオリコポイントを特別加算!
  • 5
    iDとQUICPayをダブル搭載!コンビニなど少額のお買い物も、簡単・便利・スピーディ!
  • 6
    たまったオリコポイントは500オリコポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!

その他のおすすめカード

クレジットカードの基礎知識

おすすめのクレジットカード