ホーム 会社案内・IR情報 採用情報 加盟店・法人のみなさま
クレジットカード・ローン - オリコ
カードの紛失・盗難 お問合せ・よくあるご質問 サイトマップ
クレジットカードを作る クレジットカードを使う クレジットカードで得する クレジットカードローン&マネー クレジットカードの学校
HOME > カードの学校 > カードの教室 > カードのまめ知識 > 世界のクレジットカード アメリカ
世界のクレジットカード アメリカ
世界のクレジットカード
アメリカ編
クレジットカード といえば 「リボカード」
日本では、クレジットカードといえば一般的に、「一回払い」「分割払い」「リボ払い」「ボーナス払い」などがありますが、アメリカでいうクレジットカードは基本的に「リボ払いカード」のことを言います。(ただし翌月一括も可能)
※アメリカのMasterCard、VISAはこのカードです。
これに対し、マンスリークリアと言われる翌月一括払いを基本とした「チャージカードT&E(トラベル&エンターテイメント)」が日本でのクレジットカードに相当し、クレジットカードとは分けて考えられています。しかし、これまで「チャージカード」をメインに発行していたアメックスなども、近年では「リボカード」に注力しているなど、どちらのカードも垣根は低くなっているようです。
日本でも、「リボ専用カード」を出すカード会社も増えてきました。年会費が無料で利用できる場合も多く、毎月の支払いをマイペースで行うことができるカードへのニーズが高まってきているようです。今後もだんだんと“リボ”が普及していくのでしょう。
リボ払い専用って?
小切手からネットで決済の時代へ
アメリカでは、もともと “口座振替”の風土が無いため、カードの支払いは小切手が使われていました。日本では個人が使用する小切手はあまり馴染みがありませんが、アメリカでは毎月の支払日が近くなると小切手に金額を記入し、サインをしてカード会社に送っていました。カードに限らず公共料金など各種料金の支払いも小切手で行っていましたが、このやり方はインターネットの普及とともに急速に変わりつつあり、小切手の利用は少なくなってきているようです。今では、インターネットでカード会社のWebサイトで簡単に支払いをするユーザーが拡大しています。それでもまだ買い物や各種料金の支払い、友人の間でのお金の受渡しなどには小切手が多く使われているようです。
おまけ
小切手の種類
おもにアメリカで一般に使われている小切手(Check)の種類は以下のとおりです。
■パーソナル・チェック(Personal Check )
家賃や光熱費・電話代金、買い物時などの支払いに使われる個人用小切手です。
■トラベラーズチェック(Traveler's Check )
発行時に通常額面の1%程度の手数料がかかりますが利用時は現金と同様に扱われます。ただし、車購入や家賃の支払い等には使えないこともありますので注意してください。
■サーティファイド・チェック(Certified Check)
銀行が支払いを保証した小切手です。車の購入や家購入時など比較的大きな金額の支払いの時に、受取人側からサーティファイド・チェック(Certified Check)での支払いを要求されます。

おまけのおまけ
アメリカの小切手は、大体以下のようなデザインになっています。
アメリカの小切手
  もくじ   韓国編
Copyright(C) Orient Corporation.All Rights Reserved. サイトポリシー個人情報の取扱いクレジットポリシー