ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

クレジットカードの利用明細はどうやって確認する?Web明細のメリットは?

なるほど豆知識 クレジットカードの利用明細はどうやって確認する?Web明細のメリットは?

記事公開日:2022年06月29日
最終更新日:2022年06月29日

クレジットカードを使うと、クレジットカード会社からご利用明細が発行され、そのご利用明細から自身のクレジットカードの利用状況が確認できます。一方で、ご利用明細を確認していないという方も多いでしょう。こまめに確認していないと、覚えのないお支払いがあった際に気づくことができません。

こうした問題を回避するためにも、クレジットカードのご利用明細は定期的に確認することが大切です。ただ、昨今ではメールやWeb上で通知されるケースが増えています。どこでご利用明細を確認したら良いかわからないという方も多いでしょう。今回は、クレジットカードのご利用明細を確認する方法やWeb明細のメリットについて解説します。

クレジットカードのご利用明細はどうやって確認する?

クレジットカードのご利用明細の確認方法は、金融機関やクレジットカード会社で異なります。主なパターンとして、以下の2種類が挙げられます。

  • Webもしくはアプリ上で確認
  • 紙のご利用明細で確認

近年はペーパーレス化が進み、Webやアプリで確認する方法が一般的になりました。利用しているクレジットカードの会員向けサイトや会員向けアプリを開き会員向けサービスにログインすると、ご利用明細を照会できるページを閲覧できます。手軽かつすぐにご利用明細を確認できるため、非常に便利です。一方で、紙のご利用明細を受け取ることも可能ですが、金融機関やクレジットカード会社によっては紙のご利用明細の発行を有料にしているケースも多いです。自分が所持しているクレジットカードのご利用明細の確認方法がわからない場合は、クレジットカード会社に確認することをおすすめします。

オリコカードの場合、「eオリコサービス」でご利用明細をご確認いただけます。「eオリコサービス」とは、オリコカードの会員専用Webサービスです。ご利用明細だけではなく、各種手続きもここから行えます。

e-オリコサービスはこちら

「eオリコサービス」のご利用明細照会画面で確認できる内容は、お支払日やご請求総額、ご利用日、ご利用店名などのクレジットカード利用に関する細かな情報です。また、過去15ヵ月分のご利用明細を遡って照会することもできます。そのほか、ファイル形式でダウンロードすることも可能です。「eオリコサービス」を利用した明細の確認方法に関する詳しい内容を知りたい方は、以下のページをご確認ください。

eオリコサービスとは

ご利用明細が郵送されてくるのを停止する方法

Web明細を利用するためには、郵送停止サービスに登録する必要があります。オリコでは会員専用Webサービス「eオリコサービス」もしくは「オリコ公式アプリ」から登録可能です。当月のご利用明細から郵送停止を希望する場合は、当月5日までに登録する必要があります。例えば、2022年5月発行予定のご利用明細を停止するためには、2022年5月5日までに登録しなければなりません。6日以降になると、翌月からの適応になります。

一度登録すれば、その後の手続きは不要です。紙のご利用明細を利用されている方は、便利なWeb明細へ登録することをおすすめします。このWeb明細(郵送停止サービス)について、詳しい内容は下記のページをご覧ください。

Web明細(郵送停止サービス)について

紙のご利用明細が有料化された理由

紙のご利用明細が有料になっている主な理由として、環境への配慮が挙げられます。紙のご利用明細は不要という方もいらっしゃるため、基本的にはWeb明細を使用し、紙の排出を削減しています。

紙の原材料は木であり、紙の生産にあたって多くの森林が伐採されています。森林は二酸化炭素を酸素に変える役割を担っています。森林減少は深刻な温暖化の原因の1つです。また、不要になった紙を処分する際にも二酸化炭素が発生します。このように、紙を利用し続けることは、地球温暖化に繋がってしまう可能性があります。

オリコは2020年4月1日より環境に配慮した取り組みの一環として、カードをご利用いただいたお客さまに発行している「ご利用代金明細書」の郵送を停止し、Web明細(郵送停止サービス)でご確認いただく方法への切替えをお願いしております。これに伴い引続き明細書の郵送をご希望される場合は有料としております。企業全体で紙の発行を減らし、エコロジーに貢献しています。

ペーパーレス化することで得られるそのほかのメリット

環境に良いとされているペーパーレス化を実現することで得られるメリットはほかにもあります。ここからは、ペーパーレス化することで得られるメリットを紹介します。

セキュリティが強化される

紙のご利用明細を廃止することで環境を守ることだけでなく、セキュリティの強化にも繋がります。紙のご利用明細の場合、郵送で送られてくるため、郵便物が盗難されてしまうと情報が外部に流出する可能性があります。また、自分以外に利用内容を知られたくない方にとって、紙のご利用明細は不安材料の1つです。さらに、安全に届いたとしてもその後の管理も大変で、鍵付きの引き出しやキャビネットなどに入れている方もいるでしょう。

一方でWeb明細は電子化されているため、物理的に保管しておく必要はありません。また、アクセス権限や閲覧権限を制限することで、文書の改ざんも防げるでしょう。ただし、ID・パスワードの管理には十分ご留意ください。

Web明細の方が早く情報を得られる

紙のご利用明細は郵送されてくるため、情報の確定から発行、利用者の手元に届くまでにどうしても時間がかかってしまいます。一方でWeb明細であれば、情報が確定次第すぐに確認することが可能です。紙のご利用明細よりも早く情報を得られる点は、Web明細の大きなメリットといえるでしょう。

また、過去の明細を探す必要がある場合、紙のご利用明細だと大量にある書類の中から探さなければならないため、非常に手間と時間がかかります。Web明細であれば、データ化された情報の中から必要なものを検索できるため、時間や手間をかけずに必要な情報を得られます。

コスト削減

Web明細を閲覧するには、基本的に専用の会員サービスに登録する必要があります。会員サービスは無料とされていることが多く、Web明細の閲覧に料金がかからないのが一般的です。一方で、紙の場合は明細書発行手数料がかかってしまうことが多いです。無料で確認が可能なWeb明細のほうがお得だといえるでしょう。

場所を選ばずに情報を確認できる

紙のご利用明細は、手元に書類がなければ正確な情報を確認できません。対してWeb明細であれば、スマートフォンやPCでいつでもどこにいてもすぐに情報を確認することが可能です。スマートフォンやPCが手元にあり、ネット環境さえ整っていれば場所を選ばずに情報を確認できるため、急いで情報を確認したいときにも便利です。また、オリコでは過去15ヵ月分に遡って利用実績を確認できます。以前の情報をすぐに確認できる点は、Web明細のメリットです。

パソコンやスマホで管理できる

Web明細を利用すると、ご利用明細をファイル形式で保存できます。前述した通り、オリコでは当月分だけではなく、過去15ヵ月分までであれば、すでに発行済のご利用明細も照会可能です。必要な請求年月をWeb上で選択すると、紙のご利用明細と同様のものが表示されます。ご利用明細照会のページでダウンロードをクリックすると、PDFもしくはCSV形式でのダウンロードが可能です。また、Web明細はプリントアウトもできるため、これまでの紙のご利用明細と同じように管理したい方でも安心できるでしょう。

このように、Web明細にはさまざまなメリットがあります。どうしても紙のご利用明細で確認したいという希望がない場合は、Web明細へ切り替えたほうが便利です。

ご利用明細では「何を買ったか」がわかる?

クレジットカードで何を買ったかを思い出せない場合、「ご利用明細を見ればわかるだろう」と考えている方もいます。結論からいうと、ご利用明細を見ても具体的な商品名まで把握できません。ご利用明細で確認できるのは、利用した店舗や利用日、ご利用金額などです。ここからは、クレジットカードで何を買ったかを確認するための方法について解説します。

レシートや通知メールで照合する

オンラインショップを通して商品やサービスを購入した場合、購入内容に関して多くの場合メールで通知されます。通知内容には購入日や購入商品、支払い方法まで明記されているため、何を買ったかが一目でわかります。また、実店舗でクレジットカードを利用して買い物をした際には、レシートや明細書にその内容が記載されているため、こちらで確認することも可能です。

利用店舗と明細書の記載が異なる場合

クレジットカードの利用内容によっては、明細に記載されている店舗名と実際に利用した店舗名が異なるケースがあります。例えば、ショッピングモールを利用した場合、店舗ではなく商業施設自体の名前が記載される可能性があるでしょう。また、ガソリンスタンドやスーパーなどでは、店舗ではなく運営会社の名前が記載されることもあります。そのほか、催事やアンテナショップなどで利用した場合の記載内容にも注意が必要です。

これらのケースに該当した場合、身に覚えのない利用明細に慌ててしまう可能性があります。購入商品と金額がわかれば推測できますが、全く覚えがない場合は、すぐにクレジットクレジットカード会社にお問合せしましょう。

定期購入でクレジットカードを利用している場合

中には、健康食品や美容商品などを定期購入している方もいるでしょう。定期購入のお支払いでクレジットカードを利用すると、毎月自動的に引き落としされることがほとんどです。そのため、記載されている利用日に購入した覚えがなく、何に使ったか思い当たらないとなってしまうことも珍しくありません。これらの情報をもとに照らし合わせても、何を買ったかわからない場合や、身に覚えのない取引履歴がある場合は、不正利用の可能性があります。万が一不正利用が発覚した場合は、すぐにクレジットクレジットカード会社にお問合せしましょう。

不正利用が発覚した場合の対処法は?

今回は、クレジットカードの明細を確認する方法やWeb明細のメリットを詳しく解説しました。

最後に、クレジットカードの不正利用が発覚した場合の対処法について言及します。不正利用されているかもしれないと感じた場合には、なるべく早くクレジットカード会社に確認しましょう。すぐに取引停止などの措置をとれば、不正利用の被害拡大を食い止められます。クレジットカードの不正利用についてもっとよく知りたいという方は、ぜひ以下のページもご覧ください。事前に情報をインプットしておくことで、万が一のときにすぐに行動できるようになるでしょう。

クレジットカード不正利用のパターンとは?予防と対策方法とは?

家計管理の豆知識をもっと見る

人気の豆知識

おすすめのクレジットカード