ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

カードローンのメリットや注意点とは?

なるほど豆知識 カードローンのメリットや注意点とは?

記事公開日:2022年5月25日
最終更新日:2022年5月25日

カードローンは、その名の通りクレジットカード会社などの貸金業者や金融機関が発行する「カード(ローンカード)を利用するローン」のことです。今日では、クレジットカード会社や銀行などの金融機関からさまざまなカードローンが発行されており、困った時のため懐に忍ばせる方も少なくありません。中には、「お金のお借入れができるカード」という特徴は知っていても、そのメリットをよく知らないという方も多いのではないでしょうか。

今回は、カードローンが持つメリットを中心に、使用上の注意点やクレジットカードとの違いなどを詳しく解説します。カードローンの発行を検討されている方は、当コラムをぜひご参照ください。なお、カードローンの申込方法や審査方法については、「カードローンの審査とは?流れや必要な情報も解説!」で解説しています。カードローン発行の際は、こちらも合わせてご参照の上、お申込みください。

カードローンのメリット

カードローン以外にもお金を借りる方法はありますが、カードローンはクレジットカードのキャッシング機能や、ほかのローンと比べて以下のようなメリットがあります。

担保や保証人が不要でお金を借入れできる

カードローンにおけるメリットの1つとして、カードの発行やお借入れの際に「担保・保証人が不要」という点が挙げられます。カードローンは発行の際に審査こそ必要ですが、発行後であれば担保や保証人は必要ありません。ご利用可能枠の範囲内であれば、金融機関やコンビニのATMなどで現金のお借入れができます。

お借入れした現金は自由に使用できる

ローンの種類によっては、住宅改修費や教育費など「借りたお金の用途」が決まっているものもあります。一方、カードローンでお借入れしたお金には、利用目的の制限がありません。自由に使える分、カードローンは冠婚葬祭や入院など、急な出費の時に重宝します。

お借入れとご返済が容易に行いやすい

カードローンのお借入れは、金融機関やコンビニのATMなどで行えるため、時間や場所を選びません。このお借入れと同様、ご返済も銀行やATMを通じて行えるので、余裕のある時は追加でご返済も可能です。また、ご利用可能枠の範囲内ならお借入れに回数制限がない点も、カードローンが備えるメリットといえます。

クレジットカードのキャッシング機能と比較して金利(貸付の利率)が低めで利息の発生を抑えやすい

「カードでお金を借りる」という目的であれば、クレジットカードのキャッシング機能を使う方法もあります。お金のお借入れは、金利(貸付の利率)によってご返済時に発生する利息が変化します。審査によりますが、カードローンはクレジットカードでのキャッシングよりも金利(貸付の利率)が低めに設定されている場合が多いです。低い金利(貸付の利率)によって利息を抑えられれば、ご返済の総額を抑えることにもつながります。カードローンの金利(貸付の利率)や利息の計算方法について、詳しくは「カードローンの金利とは?利息はどうやって計算する?」のコラムをご参照ください。

クレジットカードのキャッシング機能と比較してご利用可能枠の上限が高め

カードローンにもクレジットカードにも、ご利用可能枠の上限が決まっています。このご利用可能枠は、カードの種類やお申込者のご返済能力によって変化しますが、カードローンにおけるご利用可能枠の上限は、クレジットカードのキャッシングのご利用可能枠よりも高めのことが多いです。つまり、カードローンのほうがクレジットカードよりも「大きなお金をお借入れしやすい」というメリットがあります。

以上のように、カードローンはほかのローンと比べて利便性に秀でている部分が多く、現金のお借入れをより身近な存在にしてくれます。「お金を借りるかどうか」お悩みなのであれば、まずは手軽に使いやすいカードローンを発行してみてはいかがでしょうか。

カードローンの注意点

多くのメリットを持つカードローンですが、発行・使用の際は以下の点に注意してください。

  • 計画性を持って現金を借入れる
  • 複数のカードローンでお借入れを避ける

計画性を持って現金を借入れる

カードローンはお借入れのしやすさに定評がある一方、必要以上にお金を借入れないようにしましょう。カードローンの金利(貸付の利率)は低めといっても、お借入れした場合には利息が発生します。借入れた金額が高いほど利息が増えてしまうので、負担を軽減するためにも「必要な分だけ借入れること」を心掛けてください。

複数のカードローンでのお借入れを避ける

カードローンやクレジットカードは発行枚数に制限はなく、審査に通れば複数枚のカードローンを持つことができます。とはいえ、カードローンをたくさん所有するメリットはあまりなく、複数枚を使い分けると管理が煩雑化してしまいます。ご返済の計画も立てにくくなるため、カードローンは自分にあったものを発行するようにしましょう。カードローンの選び方や、おすすめのカードローンについては別コラムで解説しているので、発行の際にご参照ください。

カードローンを上手に利用するコツは?

カードローンを上手に利用するコツとして、「返済シミュレーターを一緒に使うこと」が挙げられます。ここでいう返済シミュレーターとは、お借入れした金額や金利などを入力すれば、ご返済総額のおおまかな金額や月々のご返済金額を自動的に算出してくれるシミュレーターのことです。多くのクレジットカード会社や金融機関のオフィシャルサイトでは、サービスに応じた返済シミュレーターが公開されています。

「返済までどのくらいかかるのか」「いくら返済すればいいのか」が把握できれば、無理なくカードローンをご利用しやすくなります。オリコカードでもシミュレーターを公開しているので、カードローンご利用前には必ずこちらを使用してご返済のシミュレーションをしましょう。

  • シミュレーションでの計算結果は、概算金額です。実際の返済内容とは異なる場合がありますので、あらかじめご了承ください。

クレジットカードのキャッシングとは何が違うの?

現金をお借入れする方法として、クレジットカードのキャッシング機能を利用する方法もあります。クレジットカードも金融機関やコンビニのATMなどでお借入れができるので、「手軽さ」という点においてはカードローンと変わりありません。一方、クレジットカードのキャッシングはカードローンよりも上限金額が低く、金利(貸付の利率)も高い傾向にあります。

利用カード クレジットカード ローンカード(カードローン)
ショッピング機能の利用可否 利用可能 利用不可
キャッシングの上限金額 低い傾向 高い傾向
金利(貸付の利率) 高い傾向 低い傾向

つまり、カードローンのほうが「大きなお金を借入れやすい」「利息が発生しにくい」という点に優れています。もちろん、カードの種類やお客さまのご返済能力などによって金利(貸付の利率)やご利用可能枠は異なりますが、「お金を借りる」という目的であれば、クレジットカードのキャッシング機能よりも、カードローンがおすすめです。

カードローンとクレジットカードを使い分けよう

とはいえ、カードローンは「キャッシング専用のカード」です。クレジットカードのようなショッピング機能は使用できず、付帯保険やポイント機能などのサービスもほとんどありません。カードローンとクレジットカードのどちらも一長一短という点から判断すれば、用途に応じて両方使い分けることをおすすめします。

例えば、現金を借りる用途にはカードローンを利用し、ショッピングや旅行などのお支払いにはクレジットカードを使えば、それぞれの長所を活かしながらカードを使い分けられます。どちらか一方のカードを所有している方、またはどちらのカードを発行しようか迷っている方は、目的に合わせて使用できるよう両方の発行を検討してみてはいかがでしょうか。

「お金を借りる方法」はキャッシング以外にもある

今回は、カードローンのメリットや注意点、上手に利用するコツなどを詳しく解説しました。

最後に、「目的ローン」について言及しておきましょう。ここでいう目的ローンとは、用途に合わせて現金をお借入れできるサービスのことです。カードローンやクレジットカードのキャッシング機能とは異なり、利用目的に制限があります。一方、金利(貸付の利率)やサービスの面で優れているローンが多く、カードローンやクレジットカードよりもおトクに借りられるプランも少なくありません。オリコがご用意する目的ローンは、以下のページで詳しく紹介しています。お金を借りる方法は、カードローンやクレジットカードのキャッシング機能だけに限りません。現金の使用目的が明確であれば、目的ローンのご利用も検討してみてはいかがでしょうか。

ローンの基礎知識をもっと見る

人気の豆知識

おすすめのクレジットカード