ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

クレジットカードの裏面にサイン(署名)はしてありますか?

なるほど豆知識 クレジットカードの裏面にサイン(署名)はしてありますか?

新しくクレジットカードを作ったときや、更新して新しいクレジットカードが届いたときに最初にやるべきことはカードのサイン(署名)です。サインの重要性を知らずに、無記名のクレジットカードを所持していませんか?万が一、紛失や盗難になった場合、予想外のリスクを負うことになりますので注意が必要です。

クレジットカードにサインをする理由とは

クレジットカードは、表面にも自分の名前が印字されていますが、なぜ裏面にサインをする必要があるのでしょうか?

サインのないクレジットカードは利用することができない

クレジットカードのサインは、カードの利用審査を通過した本人であることを証明するものです。従って、サインのないクレジットカードを使用した場合、利用店舗からその場でサインを求められます。もし、それでもサインをしない場合には、店舗での買い物や申込み自体を断られます。カードを利用する際、売上伝票にも自分の名前を記入することがありますが、カードのサインと同一であるかどうかを確認するという意味もあり、サインの無いカードは本人確認ができないという理由で利用することができないのです。

カードの裏面にまずサイン

サインがなければ不正利用されても補償対象にならない可能性が高い

サインのないカードは、買い物ができないばかりか、万が一、紛失や盗難によって第三者の手に渡ったときにサインをされて、不正に利用される危険性があります。不正利用が発生した場合、カード会社の補償対象となることが多いですが、あくまでもカード会社の規約に違反していないことが前提です。カードにサインをすることは、「クレジットカード会員規約」にもしっかりと明文化されているため、サインがないと規約違反と見なされます。サインの無いカードを不正に利用された場合、全て自己負担となる可能性が高いためカードには必ずサインをしましょう。クレジットカード社会の健全な発展を目的とする日本クレジットカード協会からもカード作成時には必ず裏面のサインを行うよう注意喚起されています。

参考:「あなたのカードにサインはありますか」 日本クレジットカード協会別ウィンドウで開きます

クレジットカードのサインに関するQ&A

クレジットカードにサインする意味の重要性、ご理解頂けましたでしょうか。さて、実際にサインする際には、どんなことに注意すれば良いのでしょうか。

筆記具は何を使えば良い?

第三者に渡った際のリスクを防ぐため、一度書いたら消えにくい筆記具が望ましいです。水性ペンや細いボールペンなどは、こすったり水に濡れたりすると、すぐに消えてしまうので、水に強い「油性ペン」が良いでしょう。筆跡も見やすい適度な太さで書いてください。

漢字とローマ字のどちらでサインをする?

カードへのサインは義務付けられているものの、サインする言語には決まりはなく、漢字・ローマ字どちらでも問題ありません。カードの所有者本人であることを証明できれば良いため、名字ではなく下の名前のみやイニシャルでも構いませんが、不正利用のリスクを考えるとイニシャルではなくフルネームが適切です。また可能であれば漢字でサインをすることをおすすめします。漢字はローマ字と比べて画数が多く、筆跡を真似ることが難しいためです。特に海外での利用が多い人は、漢字を使ってフルネームで書くとリスク回避にも繋がります。

カード自体に書くサインと支払時に書くサインは同じでなければならない?

クレジットカードのサインには、ショッピングで利用した際の売上伝票のサインや電子サイン(タブレットを使ったサイン)の筆跡と同一であるかどうかを確認する役割があります。従って、カード自体に書いたサインが漢字の場合は、支払時に書くサインも同じく漢字で書くことになります。

家族カードへのサインは誰が書けば良い?

クレジットカードには、主契約者本人と同じ種類のカードを配偶者やお子さま用に追加で発行できる「家族カード」があります。家族カードを作った場合はそれぞれのカードの名義人がサインをします。従って、配偶者のカードは配偶者自身が自分の名前を、お子さま用ならお子さま自身が自分の名前をカード裏面にサインします。家族カードに関して詳しくは「家族カードのメリットって?クレジットカードの基礎知識」を合わせてご一読ください。

オリコの家族カードについて

その他の注意すべき点は?

セキュリティコード(不正利用を防止するための数字)がカード裏面に印字されている場合は、セキュリティコードに筆跡が被らないようにサインしましょう。インターネット通販で決済する際に、カード番号とは別にセキュリティコードの入力が求められますが、サインが被ってしまい、コード番号が分からないと決済ができませんので、サインの大きさや書く位置に注意してください。

セキュリティコードに関して詳しくは「クレジットカードのセキュリティコードってなに? 」を合わせてご一読ください。

「カードの表面に名前が印字されているから、サインをしなくても問題はないだろう」と思っていた方は、クレジットカードを無署名で所持するリスクの高さをご理解頂けたのではないでしょうか。クレジットカードのサインは、すぐにできるセキュリティ対策ですので、自分が所持するカードにサインが入っているかどうかを確認し、入っていなければすぐにサインをしましょう。

クレジットカードの基礎知識

おすすめのクレジットカード