ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

クレジットカードやカードローンに保証人は必要?

なるほど豆知識 クレジットカードやカードローンに保証人は必要?

記事公開日:2022年05月02日
最終更新日:2022年05月02日

クレジットカードやカードローンの契約を検討するうえで、保証人という言葉を聞いたことのある方もいるのではないでしょうか。今回は、クレジットカードやカードローンにおける保証人について詳しくご紹介します。

「保証人」とはどんな役割を持っている?

ここでいう「保証人」とは、その名のとおり「返済や支払いを保証する人」です。お金のお借入れをした後、債務者がご返済できない場合等、その義務を保証人が負うことになります。不動産や車の購入など、高額なお金を扱う場面では保証人が必要となることがあります。

クレジットカードやカードローンの申込みに保証人は必要?

クレジットカードやローンと聞くと、お金を借りたり立て替えてもらったりするために、この保証人を連想するという方も多いでしょう。

クレジットカードのお申込みにおける保証人

クレジットカードのお申込みにおいては、保証人は必要ありません。これは、クレジットカードをお申込みする時だけでなく、クレジットカードを使ってお金を借りる、いわゆるキャッシングをする時も同様です。

お申込者本人の信用に基づいて発行されるため、クレジットカードのご利用にあたっては保証人は不要となります。

成人年齢の引き下げに伴い親権者の同意も不要に

未成年者がクレジットカードを申込んだ際、親権者が保証人になる、というイメージを抱いている方も少なくないでしょう。実際は未成年者がクレジットカードの申込みをする際に必要なものは保証人ではなく、親権者の同意が必要でした。例えば、未成年でありながらも働いており年収が多い場合でも、親権者の同意は必要とされていました。
しかし、2022年4月に成人年齢が18歳に引き下げになったことにより、クレジットカード作成時に、親権者の同意は不要となりました。クレジットカード申込みのハードルは下がり自由になった一方で、責任も増えています。クレジットカードを簡単に作れるようにはなりましたが、計画的にご利用ください。

カードローンのお申込みにおける保証人

カードローンのお申込みにおいても、クレジットカードと同様に保証人は必要ありません。カードローンの場合もお申込者個人の信用を担保にして、貸付を行っています。このカードローンのように、個人の信用を担保にしてお金を借りることができるローンを無担保ローンと呼びます。

もちろん、オリコのカードローンをお申込みする場合には、担保や保証人は必要ありません。

保証人と連帯保証人は何が違う?

保証人と聞くと「連帯保証人」を思い浮かべる方もいますが、保証人と連帯保証人は言葉の意味が異なります。簡潔にいうと、連帯保証人は保証人よりも「責任が重い」という違いがあります。これは、一般的な保証人に以下の権利が認められているためです。

  • 催告の抗弁権:「まずは主債務者に請求してください」と主張する権利
  • 検索の抗弁権:債務者に返済(支払)能力がある場合に請求を拒否できる権利
  • 分別の利益:債務を保証人全員で均等に分割する権利

一般的な保証人は、債権者から債務者の返済や支払いを請求された際に、債務者に対して「まずは主債務者に請求してください」という主張が可能です。また、債務者に返済(支払)能力がある場合は、その請求を拒否することもできます。さらに、保証人が複数いた場合、債務を保証人全員で均等に分割できます。つまり、保証人は「万が一の際に義務や責任を肩代わりする」という役割こそあるものの、一定の権利が認められているのです。

一方、連帯保証人には先に挙げた3つの権利が認められていません。端的にいえば、「債務者とまったく同じ責任を持っているのが連帯保証人」という認識でも良いでしょう。オリコのクレジットカードやカードローンのお申込みに保証人は必要ありませんが、各種ローンのご契約やプランによっては連帯保証人が必要となる場合があります。言葉の意味を知っておくといざ契約をする際に役に立ちます。

クレジットカードやカードローンの申込みにはまず自身の返済能力の把握を

今回は、クレジットカードやカードローンにおける保証人について解説しました。

クレジットカードやカードローンの申込みには、個人の信用が基準になるため、保証人は不要です。クレジットカードやカードローンの新規契約を申込む際は、総量規制や自分の返済能力についてしっかり把握することが大切です。クレジットカードやカードローンのご利用に当たっては、あらかじめしっかりと調べて、計画的に活用していきましょう。

オリコのクレジットカード

Orico Card THE POINT
(オリコカード ザ ポイント)

年会費無料のポイント高還元率カード

  • Orico Card THE POINT(mastercard)
  • Orico Card THE POINT(JCB)

詳細・お申込み

特長
  • 1
    還元率は常に1.0%以上!100円で1オリコポイントがたまります!
  • 2
    入会後6ヵ月間はポイント還元率が2.0%にアップ!
  • 3
    年会費は無料!
  • 4
    オリコモールのご利用でさらに0.5%のオリコポイントを特別加算!
  • 5
    iDとQUICPayをダブル搭載!コンビニなど少額のお買い物も、簡単・便利・スピーディ!
  • 6
    たまったオリコポイントは500オリコポイントからリアルタイムに交換可能ですぐに使えます!
  • 入会後6ヵ月間の特別加算ポイントは期間中最大5,000オリコポイントとなります。

年会費無料のクレジットカードも豊富で、ポイントの還元率が高いなど、メリットも多数あります。上記に紹介したOrico Card THE POINTを筆頭に、多数の魅力的なカードを取り揃えています。オリコのクレジットカードの魅力をもっと知りたい方は、まずは以下から詳細をご確認ください。

オリコのカードローン

CREST

カードローン選ぶなら、CREST。信頼できる1枚。
貸付の利率(実質年率)4.5%~18.0%

  • CREST
  • CREST

詳細はこちら

特長
  • 1
    最高500万円のご利用可能枠!
  • 2
    オンラインでお申込みが完結!来店不要!
  • 3
    年会費無料!
  • 4
    明細書の郵送停止(Web明細)もお申込みできる!
  • 5
    カード発行と同時に借入も可能!最短翌営業日にお振込!!
    • お申込み状況により、翌々営業日以降となる場合がございます。

オリコのカードローンCRESTは、入会費年会費が無料です。全国のAMT/CDでキャッシングができますので、いつものコンビニや郵便局などで手軽に利用可能です。また、キャッシングご利用可能枠の上限も最高500万円となっています。カードローンは、クレジットカードのキャッシング機能よりも金利(貸付の利率)が低い傾向にあります。月末のお支払いや飲み会など、急な出費に対応するには、あらかじめキャッシング専用のカードローンを作っておくことをおすすめします。まずは以下から詳細をご確認ください。

クレジットカードの基礎知識をもっと見る

おすすめのクレジットカード