ご請求額やポイントの確認はアプリが便利!

クレジットカードの利用伝票は領収書になる?

なるほど豆知識 クレジットカードの利用伝票は領収書になる?

クレジットカードで商品やサービスを購入すると、店舗で利用伝票を発行してもらうことができます。ビジネスにおいても取引先との接待や、会食などでクレジットカードを利用する場合がありますが、経費精算時に領収書の提出が必要になります。この利用伝票は、税法上では領収書にはあたりませんが領収書の代わりとして使用されることがあります。

そもそも領収書とは?

クレジットカードと領収書の関係を解説する前に、そもそも領収書とはどのような書類なのかを確認しましょう。国税庁の公式サイトによると、領収書とは「金銭又は有価証券の受取事実を証明するもの」と記載されています。つまり店舗で販売する商品やサービスを、お客さまが購入し、金銭の受け渡しが行われた際、その証明として店舗がお客さまに発行する書類のことを言います。したがって、金銭を支払ったお客さまから領収書の発行が求められた場合、店舗には領収書を発行する義務があります。

クレジットカードの利用で利用伝票とは別に領収書を発行することは可能か?

クレジットカードでお支払いすると、店舗から利用伝票が発行されます。利用伝票には利用金額、支払方法などが記載されています。クレジットカードでのお支払いは、店舗とお客さまとの間で、直接金銭の受け渡しは行われず、その代金はクレジットカード会社が一時的に立て替えることになります。領収書の発行は、金銭を受け取ることが条件ですので、クレジットカードを利用したときに、お客さまから領収書の発行を求めてられても、この場合は店舗に領収書を発行する義務はありません。では、領収書の代わりになる書類はあるのでしょうか?

クレジットカードご利用時の領収書の代わりになる書類とは?

クレジットカードでお支払いをした事を証明する領収書には、クレジットカード会社が発行する「利用明細書」があります。クレジットカードで購入した商品やサービスを経費として計上する場合、利用明細書に、発行者、宛名、購入内容、購入金額、購入日時が明記されていれば、領収書の代わりとして、クレジットカードで購入したことが証明されます。

クレジットカードの利用は、店舗以外でもネットショップがありますが、ネットショップの多くは、「クレジットカード会社が発行する利用明細書を領収書としてご利用ください」と、サイト上で記載しています。また、クレジットカードでお支払いすると利用伝票と一緒に受け取る「レシート」がありますが、レシートにも、発行者・購入内容・購入金額・購入日時・レジ担当者などの購入詳細が記載されているので、領収書の代わりとして活用することができます。

したがって、クレジットカードでお支払いした場合、基本的に領収書は発行されませんが、クレジットカード会社が発行する「利用明細書」、クレジットカードの「利用伝票」と「レシート」のセットを準備しておけば、経理処理をする上で領収書の代わりになります。

クレジットカードで買い物をする際にも、領収書の発行を求める人はたくさんいらっしゃいます。しかし金銭の受取がないので、本来、店舗側に領収書を発行する義務はありませんのでご注意ください。もし、経費処理で利用したいなら、今回紹介した領収書の代わりになる書類を準備して経費精算をしましょう。

クレジットカードの基礎知識

おすすめのクレジットカード